「楽しめれば」の意味〈袖ヶ浦市 ピアノエレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 〉 | 袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

袖ヶ浦市のピアノ エレクトーン ソルフェージュ くらの音楽教室 

千葉県袖ヶ浦 木更津エリア ポピュラーピアノ
ソルフェージュ エレクトーン 個人レッスン
こどものピアノ エレクトーン 大人のピアノ随時生徒募集
いつからでも始められます 無料面談受付中


テーマ:
●「楽しめれば」の意味
 
こちらの本は岡本太郎先生の心に響く
言葉の集めた書籍です。
美術だけでなく「音」に関しても
沢山書いてあります。
 

 
お子様のレッスンでお母様から
よく言われるのが
「楽しめればいいので」という言葉。
私は正直、悩みます。
 
楽しめるようになるには
練習も必要だし、
つまづくことももちろんあり
それを含めて
「楽しむ」ことに繋がることを
理解して頂いているだろうか
 
ということなんです。
 
昭和の時代は今に比べて不変なこともあった分
無いものは作る、一般の方でもかなり
クリエイティブだったと思います。
 
洋服やセーターは近所の母親同士て
集まって手作りをしていました。
発表会の衣装も手作りをしてくれました。
 
おせちも手作り、ネット注文はありません。
 
時間もかかり手間もかかりましたが
それでも作品を作ってもらいました。
ひとつの小さな作品にコツコツと時間をかける
時間の余裕もあり根気もありました。
 
今は買った方が安上がりとか
100キンやネット注文で
自分が作った以上ものが手軽に
手元に早く届くようになりました。
 
その分時間をかけることやコツコツ取り組む
と言ったことが薄くなります。
 
スケールカデンツというものが
あります。
 
このスケールカデンツ全調を
生徒さんに弾けるようになってもらうというのが
至難の業なんです。
あまり好きで弾いている生徒さんもいないし、
地味なことをコツコツやるという姿勢がないと
到達しないことだと思います。
 
習い事の一般的な考えとして
どの分野、ジャンルでも
基本的なセオリーがあり
それらをすっ飛ばして音楽は楽しめるか?
と言われたら楽しいかもしれないですが
それは本物ではなく
時間をかけて取り組んだ方が
音楽を楽しんでいける人生が
開けてくるのではと思います。
 
 
 
 
 

 

壁を破る言葉 壁を破る言葉
1,080円
Amazon

 

6月からスタートできる

5月の体験スケジュールをお知らせします。

クリックするとお問合せになります。

 

追加いたしました。

 

 

 

袖ヶ浦市 ピアノ教室 蔵野 陽子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。