なんかこう…キャラクター崩壊もいいところで今やったら確実に叩かれまくるな〜…という、感想です笑
めちゃくちゃ現実の彼らを織り交ぜてきたり、これは本公演から感じていたことなのですが、手塚国光役の滝川英治さんが腕まくりをしていたり、河村隆役の阿部よしつぐさんが乾貞治役の青山草太さんに対してとてもフランクに接していたり…
そして、ゲスト扱いではありましたが伊武深司役の小西大樹さんがトップスはジャージなのに、何故かGパンだったこと…笑
キャスト同士で歌唱力だったり、衣装のことだったり、自室事情だったりは突っ込んでおられましたが、そこは突っ込まないんだ?!と、驚きました笑

ここから主演の越前リョーマ役として入ってこられた遠藤雄弥さんの荷の重さは計り知れませんが、途中とても素で笑っておられて本当にこの時代でよかったな…と、感じてしまったのは仕方ないですかね…?
悪くはないんですけどね

全体的に見て、やはり今の2.5ジャンルとは雲泥の差と言っていい程レベルに差がありすぎます
しかし、ここら始まり成長していったわけですから、必要な過程だとも思います
世間ではこの時代のイメージが強すぎるようですが、出演されている俳優さんたち含め、ジャンル自体が成長し、レベルアップしているということがもっと広まるといいなぁ…と、考えさせられた作品でした

ラストが場所的にも不二周助役のKIMERUさんのワンマンライブのように見えてしまったのは私だけではないと信じています…笑
会場が体育館ですから仕方ないですが、割と音響が悪くて音量をマックスにあげてもほぼBGMしか聞こえない箇所が度々あったのも、ある意味味かもしれませんね