子どもたちの孤独

テーマ:

「孤独」とはそもそも

 

「頼りになる人や心の通じ合う人がなく

 

ひとりぼっちで、さびしいこと(さま)」を指す

 

とありました

 

「孤」は「みなしご」を意味し

 

誰にも頼れず

 

精神的に「孤立」し

 

苦痛を覚えるというネガティブな主観

 

 

オトナになっての「孤独」は

 

みずからの選択の結果もあろうし

 

自然のなりゆきもあろうし

 

局所的な在り方としても存在するだろう

 

と思います

 

もちろんつながりを作る

 

社会的なしかけも必要だと思いますが

 

オトナ以上に必要なこと

 

それは

 

子どもたちが

 

頼れる人がないというような

 

孤独に陥らない国を

 

作らなくてはと思います

 

児童虐待が疑われるもの

 

昨年度より約20%増

 

6万5431人

 

それ以上に隠れている数字を思えば

 

どれだけ子どもたちが

 

孤独という概念も知らない中で

 

寄る辺なく生きているのでしょうか

 

子どもたちに

 

みんなで

 

まなざしを注ぎ続けていきたいです

 

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 
★著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』
   ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド
 
★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『土佐の高知の黄泉の国』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.197 自分の専門家になる

★フェイスブック 吉田 真知子
◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇