※本日も「レインボーマン」関連の記事との二本立てです。

 興味をお持ちの方はよろしかったら前の記事をご覧下さいね。


今回も自己満フォトから。



あやめ


女の子 男の子 おとめ座 男の子 女の子


私がお子さまの頃は木曜日の夜7時30分には必ずこのシリーズを観ていました。


”ケンちゃんシリーズ”


あの~、”加トちゃんケンちゃん”ではなくて、
子役の
宮脇康之さんが主役のドラマ。


長寿のシリーズでしたが、どのドラマがどんなお話だったか、もうすっかり記憶のかなたに・・・。


細かいお話は覚えていないのですが、印象の強い主題歌として覚えているものは二つ。


1975年から始まった「おそば屋ケンちゃん」と、

もう一つ、

1972年から始まった「ケーキ屋ケンちゃん」


「おそば屋ケンちゃん」は下町のきっぷのいい感じの曲なのに対し、
「ケーキ屋ケンちゃん」は大げさに言えば
欧州の宮廷音楽風の曲




好みから申しますと「おそば屋ケンちゃん」の曲の方が断然上位なのですが、

「ケーキ屋ケンちゃん」の方は子ども心に実に魅惑的なフレーズがあったのですね。


うーちーへおいでよ ごちそーするーよ
だって だって だって ぼくんち ケーキーやー なんーだーもん


そうかー、ケーキ屋さんだったら、いつでもケーキが食べられていいなー

なんて羨ましく思ったものです。


今でも羨ましいのですが、同時にいつでもケーキが食べられる環境にあると、誘惑が多くて体型維持に大変だろうな、なんてことも思ったりしています。


作詞:多地映一さん、作曲:高田弘さん。


女の子 男の子 おとめ座 男の子 女の子


さてそのフレーズ。


大人になってから聴くと実に気になります。


ケーキ屋さんが息子の友達にごちそうする場合、
帳簿ではどのように処理するのだろう?・・・と。


大人になって簿記だとか会計とかをちょっとかじってみるとこのフレーズが実に気になるのですね。


私、簿記とか会計には詳しくないので、

”これは交際費で処理するかな? 

そうだとすれば損金不参入で、修正申告するのかな?”


なんて初級レベルの知識を駆使して
あれこれ考えて夜も眠れない、ということになるんですね(笑)


実際はどうなんでしょう?


そしてもう一つ気になるフレーズ。


シュークリームはね ふたですくってたべるんだ・・・


これは初めて聴いたお子様の頃から未だに解決されていない疑問です。


シュークリームって、そのままかぶりついて食べるものだと思っていたら、


ふたですくってたべるんだ・・・


「ふた」って、何ですかー???


これも気になって夜も眠れません(笑)


眠れないのですが、自分で調べる気も起こらないので(笑)、
そのまんまにしています。


ひたすら他力本願の日々を送っています。


女の子 男の子 おとめ座 男の子 女の子


耳試聴はこちら でできそうですよ。


このシリーズもこの曲で最後。


それでは、バッハッハーイ!パー