To the ones who joined us recently,

最近SoC英会話に参加された方へ。

 

Hi everyone, this is David, Organizer of SoC English Cafe. Thank you for joining us, and welcome to SoC!!!

皆さんこんにちは、SoCオーガナイザーのDavidです。この活動に加わってくれてありがとう、そしてようこそSoCへ!

 

First of all, I really respect your willingness to speak in English and communicate with us as friends! And it's worth mentioning that your choice to challenge something new like this is a proactive one, while you can live here in Japan without being able to speak in English. And which means, you are already super cool!

まず始めに、新しい友人たちと英語でコミュニケーションしようという皆さんの意志に対して、尊敬の意を表したいと思います。そして強調したいのは、こうして新しい何かに挑戦しようとするあなたの選択は、英語を話すことなしに生きていけるここ日本においては「極めて能動的なもの」、ということ。つまり、あなたはすでに超クールだってことです!

 

For many people, almost everything that happens in life comes innevitably, which forces them to live passively. However, there are also people who make it completely opposite, which means to make things happen on their own wills by choosing to live having initiatives. And hey, that's you who joined SoC to make it happen, to bring a change in your life, and to live with people who you like to live with. Even if you're not sure about what I'm saying, just keep in mind that everything in life happens for reasons, and you're the only one who can make them positive ones by living proactively.

多くの人にとって、人生に起こるほぼ全てのことは避けられない、頑張ってもどうしようもないことで、それがゆえに彼らはただ受け身で生きざるを得ない状況に追い込まれています。とはいえ、そんな状況を完全に逆転させる人たちもいます。つまり、自らの人生の主導権を握って生きることを選ぶことで、自らの意志によって物事を起し、動かす人たちのことです。そして、僕は他でもないあなたのことを言っています。あなたがSoCに参加したのは、事を起すために、人生に変化を生むために、そして一緒に生きていきたい人達と生きていくためなのですから。いまはちょっとまだよくわからなかったとしても、これだけは覚えておいてください、人生におけるすべての出来事には何らかの理由があって、それらの理由たちを自らが主体的に生きることによって素晴らしい必然性に変えられるのは、あなたしかいないのだ、ということを。

 

For example, I started SoC English Cafe in 2015. More precisely, I started planning this community in January of 2015, and started to have SSs in May, 2015. Now it's April 2019, and it's been almost four years since I had my first SS in May 2015.

例えば、私がSoC英会話カフェを始めたのは2015年です。より正確には、2015年1月にコミュニティ立ち上げの計画を練り始め、同年5月から実際にSSを開催し始めました。今は2019年の4月ですので、私が2015年5月に最初のSSをやってから約4年になろうとしています。

 

I was running another local bars and restaurants advertisement business with my partner at the time. However, the business literally costed me arms and legs, and as same as other entrepreneurs, I had a significant amount of loan to run the business. So I had to work more than 20 hours a day, mostly in front of PC, without no day-off for two years since 2012, and eventually I came to think that something's wrong, and I truly thought I cannot live and die like this. I wanted to do something I can relate to people directly, and something that can be appreciated by making others genuinely happy. So I decided to scale down the ad business and hand it down to my partner, and to start up something I can truly enjoy and live with without sacrificing my life; That is SoC.

当時、私はパートナーと一緒に、SoCとは別で、都内のバーやレストランの広告ビジネスをやっていました。とはいえ、その事業は文字通り手足を売らなくてはいけないほど費用がかかるビジネスで、他の多くの起業家同様、事業の運転資金の借入は大きく膨らんでいました。2012年から約2年の間は、毎日20時間以上ほぼPCと向き合って休みなく働き、いつしかこれは何かが違うな、と感じ始めました。こんなことを繰り返して命を全うするわけにはいかない、と。私は人と直接かかわれることがしたかった、そして何か人に喜んでもらえることを。そこで私は広告事業の規模を縮小してそちらの運営はパートナーに任せて、私のほうは新たに、人生を犠牲にすることなく心から楽しんで心血注げる活動を立ち上げることにしました。それが、SoCなのです。

 

At that time, I was all alone. I moved from Tokyo to Koshigaya-city in Saitama in the previous year, and I had no friend at all, no connection at all, and no money at all. Furthermore, I had to repay the loan every month, so I needed to do a part-time work to start off with. I chose a flyer distribution job, since I thought I would have a lot of time to think about my plan without disturbance if it's a simple job I can do by myself. However, it was not that easy as I had expected. Every morning I went out to distribute flyers for a whole day, and it often took more than 12 hours to finish the quota assigned to me for the day. After I'm back home, there was boxes of flyers the company dropped at my home entrance, and I had to open them and pile up 5 to 7 different kids of flyers to make them a set to be thrown into a post, and it took about 6 to 7 hours to do that piling job during the night time without getting paid. Yes, for many it's a base job and life-style, I know. So I made it enjoyable by watching YouTube during the unpaid preparatory hours, and learned a lot about how people in the area live their lives, and how to make a simple and boring job an exciting and creative work. And this experience taught me that the easiest job is actually the toughest thing, and without taking on the toughest tasks yourself, there's no way you can succeed in doing anything, and that the leader must be able to take on the most toughest job when you have nobody you can count on.

当時の私はひとりぼっちでした。前年に都内から埼玉に引っ越してきて、友達ゼロ、コネもゼロ、そして資金もゼロでした。更には、毎月の借入返済もあったので、新たな活動立ち上げに入るに当り、まずバイトをする必要がありました。そこで、自分一人でやる単調な仕事なら邪魔されずにプランを考える時間があるだろうと考えて、フライヤーポスティングの仕事を選びます。とはいえ、予想していたほど簡単な仕事でもありませんでした。毎朝出かけて一日ポスティングを行い、その日に配布すべきノルマを終わらせるのに12時間以上かかることもしばしば。家に戻ると、玄関前には翌日用のフライヤーの箱が置かれているので、異なる5〜7種類のフライヤー達をポストに投函するために一枚づつ重ねてセットにしていきますが、これが毎晩6〜7時間はかかります、もちろんこの作業は無給です。多くの人にとって、当時の私の仕事と生活は底辺レベルに見えると思います。そこで私はそんな生活を楽しむため、無給の準備時間には YouTube を見ながら作業することで娯楽時間に変えました。そして配布活動を通してエリアに住む人たちの暮らしぶりを知り、同時に単調でつまらない仕事をいかに刺激的でクリエイティブな仕事にするか、ということについて試行錯誤することが出来ました。そして、この経験によって、簡単な仕事ほど実際には最もキツイ仕事で、自分自身で最もキツイ仕事をやり抜くことなしには何事も成功にはおぼつかず、そして何かをゼロからスタートするリーダーは誰一人頼れる人がいないときに自身で一番キツイ仕事を引き受けることが出来なくてはいけない、と教えられました。

 

So as you may be able to imagine, the first OR(orientation) with the member who joined us a flyer in hand, I shivered and almost cried in my mind. The first lesson fee was only 500 yen per 45 minutes, but I was filled with deep happiness that I could actually get connectted to somebody through my efforts, and that I was paid the fee with the word "Thank you!" I was not sure yet if I would be able to make a living out of such a small income, but I felt that I'm doing something right not for the money but for the people. That moment was the origin of SoC's DNA, a friendly support based on the concept: "Friendship." And I'm so happy that I can still see our very first member every week after the past four years!

想像がつくかもしれませんが、フライヤーを手にやってきた最初のメンバーと初めてのオリエンテーションをしたとき、私は身震いし、心の中で泣きそうでした。最初の謝礼は45分でたったの500円でしたが、こうして努力によって人とつながることができ、そして「ありがとう!」という言葉と共に謝礼を頂いたことに対して、深い幸福感で満たされていました。そのように小さな収入の積み重ねで本当に生活していけるかについてはまったく想像もできませんでしたが、自分がお金のためでなく、人のために役立つ正しいことをしているということははっきりと感じられました。振り返れば、その瞬間こそがフレンドシップというコンセプトをもとに友人としての応援活動を行う、というSoCのDNAの原点でした。そしてあれから四年が過ぎた今でもSoCメンバー第一号の彼に毎週合えることは本当に嬉しいことです!

 

However, it wasn't easy even after that. I continued doing flyer distribution, bettering the design, building up our website and facebook, writing email letters almost every day, planning and making SS lesson materials, holding SSs and every other things I needed to do, but the monthly income was much smaller than the costs I had to pay monthly until around October. Every time when I found the money in my wallet had melt away, I had to run to the financiers such as ACOM or AIFUL, and it was really challenging for me to persevere the situations.

とはいえ、その後も簡単にはいきませんでした。フライヤー配布を続けながら、デザインを改良し、ホームページやFacebookを立ち上げ、ほぼ毎日Eメールレターを書き続け、SS教材を企画・制作し、SSを開催し、その他必要な全てをこなしましたが、月次での収入は支出をはるかに下回る状態が10月くらいまでは続きました。財布にお金が無くなるたび、アコムやアイフルといった金融屋に走り込まなければいけませんでしたし、そんな状況を耐え抜くのは自分自身にとって厳しい挑戦でした。

 

Whenever I was caught by the feeling of fear, I kept one vision in my mind, and it was to make a happy English world that can be a necessary part of our lives with trustworthy friends here in Japan. But why? Why do people need SoC's friendship? Why do people need another society when they have their home, office, and local community? I had a very clear answer to it; To give everyone the second or third or fourth or more chance to live a new life in the society. The biggest benefit of learning a new language is that you can start over seeing the world and thinking about life with fresh mind just like a little kid. However, as you encounter somebody who tries to make you feel small and miserable, you start to lose the freshness in your mind and start to let your freedom to live confidently shrink. So I strictly made it clear that SoC is a place where everyone communicates as friends regardless of their ages, social and financial status, and all differences possible to make it a place for everyone to be accepted and restart to live what they want to live.

恐怖にかられそうなときは、「ここ日本に信頼できる友人たちと、彼らの人生にとってなくてはならない存在といわれるポジションを占められるほどに楽しい英語の世界を創るんだ!」という常にひとつのビジョンを思い浮かべました。でも、なぜなのか?どうして、社会にはSoCのフレンドシップが必要なのか?なぜ家や仕事、地域社会という帰属場所がある中で、多くの人は別の帰属場所を必要とするのか?この問いに対して、私はとても明確な答えを持っていました。それは、社会において二度、三度、あるいは四度、またはそれ以上に何度でも新しい人生を生きるためのきっかけに出会える場所を誰もが必要としているからです。新しい言語を学ぶ最大のメリットは、小さい子供のように新鮮な気持ちでものを考え、まっさらな視界で人生をやり直せることです。とはいえ、あなたの気持ちをへし折り、みじめで小さな存在に感じさせようとする人に遭遇してしまったとき、そんな新鮮な気持ちは失われ、自信に満ちて生きるための自由な感覚は縮こまっていきます。だからこそ、SoCは年齢や社会的・経済的地位やあらゆる考え得る違いに関わらず、全員が友人としてコミュニケートする場であることを明確にしました。誰もがここでは受け容れられ、自分の生きたい自分を生きるための再スタートを切れる場所にするためです。

 

In SoC, you are not our customer and you are not a student, and vice versa, we are not your servant and we are not your teacher. We are all friends here at SoC, and so we are all equally responsible for being a good and trustworthy friend for one another. This is the only value I've created, protected, and believed to be the best quality since our conception. Even an evil minded person can become a customer by paying money, but a friend can't buy with money. Only when the money is a proof of trust, money can act between friends. And I had set the price to join our community as low as possible to the level you can feel like just buying a lunch for your friend's support. Event though it is half a business as long as there're sales, cost, tax, and systems and rules involved, we had abandoned most of the profit part, and this can never happen without believing firmly in the concept of creating genuine friendship.

SoCにおいては、あなたは私たちのお客様ではなく、生徒でもありません。逆もしかりで、私たちはあなたの召使でもなければ、先生でもありません。ここSoCにあって、私たちは全員が友人同士なのです。そして、私たち全員が互いにとって信頼に足る良き友人であることへの責任を等しく負っています。SoCの最初の発想が生まれたとき以来、これだけが私が創り出し、守り、そして最高の価値と信じ続けてきたことです。意地悪な人でもお金さえ払えばお客さまにはなれますが、友人関係はお金では買えません。お金が友人同士の間で機能するのは、それが信頼の証としての役割を果たすときに限られます。そしてこのコミュニティへの参加費用は、友人にランチをおごる代わりに英語の学びに付き合ってもらう、くらいの感覚で参加できる最低限レベルの金額に設定しました。売上があり、費用が発生し、税金を払い、そしてシステムとルールがある以上、半分はビジネスですが、単なるビジネスなら利益として本来取るべき部分を私たちは大方放棄してきました。それは、本当のフレンドシップを創造する、というコンセプトへの堅い信念なしには起こりえなかったことです。

 

Some people have said, "Why is it not for free if we're friends? How dare do you take money from your friends?" This kind of claim is just simply immature, in my arrogant opinion. If you invite your friends to your home and teach something you're good at every day and they didn't even support you by helping you clean the room or offering to pay the gratitudes for your loving support, will you still feel they are your good friends? If your friends to whom once you've given your farm's vegetables you've grown with so much effort come into the farm while you're absent and stole some vegetables to have a secret party among them, would you still call them your friends? I bet NO, they are only interested in being given on and on and just using you pretending as they are your friends. True friends will respect each other, care for each other, and don't want to keep the support one-sided and unbalanced but they want to make it a mutual happiness by returning what they can return to keep the balance of friendship. 

「友人同士ならなぜ無料じゃないの?友達からお金取るってどういうこと?」「SoCで会った人たちと、運営を通さずにグループ作れば無料で英会話できるじゃん」こういうことを言う人もたまにいますが、誤解を恐れずに言えば、そのような主張は人間性と想像力が未熟と言わざるを得ません。もしもあなたが毎日友人達を招いてあなたが得意なことを教えてあげていたとします。そしてもし彼らが部屋の片づけを手伝おうともせず、あなたの愛情サポートに対して感謝の気持ちを示そうともしなければ、その人たちのことを友人だと思いサポートを続けますか?あなたが苦労して育てた畑の野菜を分けてあげた友人達が、あなたのいない間にあなたの畑の野菜を勝手に盗んで秘密でパーティーをしていたら、そんな人達を友人としてみなしますか?間違いなく、そうはしないと思います。彼らはもらうことにしか興味がなく、ただ友人のふりをしてあなたを利用しているだけなのですから。本当の友人というのは互いを尊重して気づかい、応援を一方的かつアンバランスなものではなく、自分にできるお返しをすることで対等なフレンドシップのバランスを保ち、互いに幸せになれる応援関係をつくりたいと想うものです。

 

So let's get back on track. I have started in my mind to imagine a wonderful community run by the principle of friendship, and that idea kept me going on even under some severe situations. I was alone when I took a risk to give life to my vision, but now I'm enjoying doing this with great staff and members. I chose to make these things happen, and the challenge brought changes into my life, and now I live with the people I like to live with. Things that I've been through were sometimes negative and stressful, however everything happened to me because of my proactive choice turned out to be something extraordinarily positive.

話しを元に戻しましょう。私はフレンドシップの原則によって運営される素晴らしいコミュニティをイメージすることから始めて、その発想がいくつかの厳しい状況下にあっても私を前進させてくれました。ビジョンに息を吹き込むためにリスクを負ったときにはたった一人でしたが、今や素晴らしいスタッフやメンバーと一緒にこの活動を楽しんでいます。私はまず意志を持ってこれらのことを起し、その挑戦が自分の人生に変化をもたらし、そして今私は一緒に生きたいと想える人達と一緒に生きています。ネガティブで厳しい状況もときにはあったものの、自分自身の主体的な選択によって起きた出来事というものは、最後にはとてつもなくポジティブな何かに変わります。

 

First step to the future is always small, and it's often invisible from others, but don't forget to keep your vision intact in your mind. When your weakness tells you to give up, when the devil in your mind whispers that you've failed too many times and you'll never succeed, don't give way to such negative voices. Come back to your initial voice and your positive vision what you wanted to do after you could become a better English speaker, and stick to it until you can feel confident, stick to it!!! Becoming an English speaker might not be the last and ultimate goal for you, of course, but it doesn't give you an excuse to follow your negative voice to give up. Once the goal is set, what you need to do is just stick to it until you can achieve it. That is how you attain a long-lasting asset of life called confidence.

未来への最初の一歩は小さいかもしれない、そしてそれはときに他人からは見えないほど些細ですが、それでもマインドには常に自分が描いたビジョンをしっかりと持ち続けることが大事です。あなたの弱さが「もう諦めなよ」と語り掛けてくるとき、あなたの頭の中の悪魔が「お前は何度も失敗してきたし、決して成功はしないさ」と囁きかけてくるとき、そのようなネガティブな声に自分を支配させてはいけないのです。自分自身の中にある原点の声、英語がうまくなったら何がしたいのかと思いめぐらせたキラキラとしたビジョンに立ち戻り、やり切った、という自信が確固たるものになるまで執着する。そう、大事なのは、執着することなのです!もちろん、あなたにとって英語の話し手になることが最終的かつ究極なゴールではないかもしれません。でも、だからといって、そのことが「諦めちゃってもいいや」というネガティブな理由を正当化する言い訳にはなりません。一度ゴールがセットされたなら、そのあとに必要なのはそれを達成するまで執着し続けること。それこそが、自信という生涯に渡って持ち続けることのできる財産を得る方法なのですから。

 

Let's do that in SoC, and on the way to your goal, you might find your process to be your another, and possibly more important goal. Hope you'll enjoy learning, growing, sharing, and living together with us, SoC mates. We want to be the place you can feel at home anytime, anywhere.

それをSoCでやりましょう、そして自分自身の定めたゴールへの途上で、あなたは別の(ともするとより重要な)ゴールに気づくかも知れません。あなたが学ぶこと、育つこと、分かち合うこと、そして共に生きることを私たちSoCの友人達と楽しめるように願って。私たちはあなたがどんなときでも、どんな場所にあっても、あなたにとって安心できる場所でありたいと想っています。

 

 

With love and respect,

David

 

ーーーー Some pics from SoC Sessions ーーーー