2005-11-03 20:01:58

Futsal

テーマ:FUTSAL
松崎 康弘, 日本サッカー協会審判委員会
フットサル・レフェリーズ

さっき審判講習会から帰りました。

大幅なルールの変更はなく、審判長の講義、リーグのビデオを見てディスカッションらしきものをしました。

僕はと言うと・・・爆睡ww

昨日からの勉強の疲れが溜まっていたのか、案外ぐっすり寝れました。

今ご飯食べ終わったので、これから勉強に入りたいと思います。

みなさんは頑張っていますか?


明日の10:40分にはみんなで笑っていたいですね☆


ケンへ、スライディングには注意ね^^


三上へ、ディァ~~~~~~!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-07-07 17:10:47

平成17年度 北専各連札幌支部フットサル大会

テーマ:FUTSAL

札幌リハビリテーション専門学校vs北海道ハイテクノロジー専門学校 (●0-2)


札幌リハビリテーション専門学校vs札幌ビューティーアート専門学校 (○4-0)

得点者:ヤナイ1 ツカサ1 セオ1 リョウタ1


札幌リハビリテーション専門学校vs専門学校日本福祉リハビリテーション学院 (○4-2)

得点者:ツカサ2 カメ1 ヤナイ2 リョウタ2


札幌リハビリテーション専門学校vs専門学校札幌スクールオブビジネス (△1-1)

得点者:カズ1


以上aブロック2勝1分1敗 順位別決勝トーナメント3位へ


一回戦

札幌リハビリテーション専門学校vs札幌建築デザイン専門学校 (●2-4)

得点者:カメ2 ヤナイ3


                                                              以 上

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-18 02:26:20

フォーメーション

テーマ:FUTSAL

今は大会でどのような基本フォーメーションで試合に臨むか考え中です。

今までオレのポジションは底でした。去年はずっと底を任されてシュートを打った記憶はありません。

現在の札リハには底を任せることが出来る人間は2名、他はたぶんキツイと思います。

底というポジションは相手のポストプレーヤーをとことん潰す、インターセプトの嵐で仕事をさせないようにしなければいけません。

インターセプトの失敗を恐れ、簡単にタッチさせてしまったり、前を向かせてしまってはDFの破綻が起きます。

DFの層が薄いためオレのポジションを下げるべきか、というところで悩みます。

オレ的にはトライアングルのサイド(右)でプレーしようかなと思ってるんだけど、底に回らなきゃDFが安定しないかな。

今のチームはサイドプレーヤーがたくさんいるから、その選手に任せるか・・・。

それともフォーメーションをボックスにしてディフェンシブにいくか。

一番いいのはどの選手がどのポジションをやっても大丈夫なのがベストだけど、

今のチームにはそこまでの技術はないし、一つの決まりがなければ崩れてしまうと思うから。

基本的なフォーメーションは決めておきたい。

サイドの選手にDFの意識を高く持たせる、ということも出来る。だけどそれにも限界があるのではないか。


今考えるAチームを8人とすると、一つのポジションに2人入る選び方をしなければいけない。

そこでDFに問題が出てくる。

2人が疲れたら代わりのDFはいない。疲れないようにサボりながらプレーするのはオレはあまり納得がいかないから、常に全力でプレーしてもらいたい。

DFの層の薄さ、これが今の札リハの一番の問題点ではないだろうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-04-01 21:24:13

MAXIMUM

テーマ:FUTSAL

僕と兄ちゃん、ハムが出場していたフットサル・アミーゴリーグの結果です。

なんと2位に輝きました!

僕は8点で17位、兄ちゃんは3点で47位です。

僕はずっとDFだったのですが、攻撃参加したときにチームのみなさんがいいパスをくれたり、いい動きをしてくれたりと、僕の得点ではなくチームの得点だと思っています。点を決めるのは前線の選手の役割だけど、後ろの人間に点を取らせる動きをするのも重要な事だと思いました。MAXIMUMは勝利に対しての意識が高いために、勝負どころ、特に競ってる試合では負けることはありませんでした。やはり試合に対してどう臨むか、気持ち次第だということです。

また機会があれば誘ってください。次は優勝しましょう!札幌地区サッカー協会

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-10 23:06:36

セットプレーでのDF

テーマ:FUTSAL
セットプレーは決定的な得点の機会である。
ここでDFをサボってしまうと、失点の原因になる。
特にコーナーキックでは最も集中してDFしなければいけない。
セオリーとして、マークは相手とゴールを結んだ同一線上。かつボールと相手が同一視野に入るようなボディシェイプをする。
ニアにボールが出されたら、即座に体を入れて絶対にボールに触らせない。
ファーの場合はボールが動いてる間少し時間があるので、蹴られた後すぐに寄せる。

マークはセットプレーになった瞬間に自分で決めること。この時、誰が付くのか曖昧にならないように声を出して自分がマークする番号を言うこと。そして自分が決めた相手には最後まで責任をもって対応すること。
なんとかなるべなんて考えていると必ず失点してしまうので、セットプレーでのDFは特に集中が必要である。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-04 09:23:35

コースの限定

テーマ:FUTSAL
コースを限定するのは、自分の切りやすいほうに切って他の選手が連動する場合と、他の選手の指示によって切る場合とがあるが、ここでは他の選手の指示による場合を紹介しよう。
前線のアプローチを例に取ると、相手陣内でボールを保持されてる時に、DFの選手が自分たちの守りやすいように前線の選手にアプローチをかけさせることです。
サイドに追い込みたい時は、「右切れ」や「左切れ」の声や。「中切れ」の声が適切です。
「右切れ」は右に展開されたくないので右に出されないようなアプローチをかけること。
「左切れ」も右と逆のことを言う。
「縦切れ」は、縦にマークがフリーでいる時や、縦に攻撃されたくない時に使います。この時は中に行かせるようなDFをします。
切られた方向に正確にDF出来ないと、守備が上手く形成されません。極端にいうと、相手2枚が横に並んでいる時に2枚の間に入ってもう1枚にはパスを出させないようにするということです。
でも極端に切りすぎると、ボール保持者のプレーに対応しきれないので、ある程度のDFが必要です。
また、DF・GKの選手の前線の選手を動かす的確な指示が必要です。誰かが動かすのを待つのではなくて、自分か動かすんだ、という意識を持ってプレーしてみてください。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-03 23:13:57

手数をかけない

テーマ:FUTSAL
一番簡単に得点できる方法を考えてみよう。
それこそGKからのロングスローを合わせる、またはDFからのロングパスを前線で受けてシュートまでもって行くのが簡単だといえるだろう。
しかしそれでは相手DFに対応されるから、パスをつないで相手を崩す方法を取る。
でもパスばかりに意識を集中させてゴールが見えているのにシュートを打たないとか、GKと1vs1の時にシュートを打たないでキープしてしまうとかはシュートチャンスを逃していることになる。
簡単に言えば、ゴールが見えたらシュートを打てということである。
しかしそればかりになってしまうと、回りのサポートの存在というものの意味がなくなってしまう。
パスばかり、シュートばかりにならないようにバランスの良い攻撃を仕掛けよう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-03 22:55:06

planのあるファーストタッチ

テーマ:FUTSAL
では、最も難しいと言われる「ファーストタッチにプランを持つ」ということについて説明しましょう。
ボールが来て、ただ止める、ボールが止まってから次のプレーを考えるでは小学生でも出来ることです。レベルが上がるにつれて、ボールを止めてから次のプレーを考える余裕は少なくなります。
なので、ボールを受ける前に次のプレーを考えておくことが必要です。

プランのあるファーストタッチはシュートの時でも同じ。ファーストタッチで自分がシュートを打てる位置、得意な角度にボールをコントロールすることができれば、ゴールの確率も高くなります。(ストライカー10条参照)
また、チーム全体がプランを持つことが出来れば、ボールを止めることなく常に動かし続けると、ワンタッチプレーが出来ます。ワンタッチプレーは相手DFにとっては嫌なプレーと言うことが出来ます。なぜなら、アプローチをかけてもボールを離されて、寄せる意味がなくなるから・・・。

いつもいつも攻撃のリズムが2タッチや3タッチプレーだった場合は相手DFが対応しやすくて、なかなか守備を崩せない時があります。そういうときにリズムを変えるために、プランのあるファーストタッチによってワンタッチプレーが出ると、以外と崩れるものです。

プランのあるファーストタッチ=ワンタッチプレーではありませんが、ボールを受ける前に次のプレーを考えること、ただ止めるのではなくて、次のプレーに継げるようなタッチをすることを心がけてください。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-01 23:36:20

MAXIMUM

テーマ:FUTSAL
今行われている大会の結果が見れます!
残るはサリーレ札幌戦!

ってか2位確定してるじゃん!
写真載っちゃうねw

http://www.sfa-net.jp/04sche/11foot/03_04.html
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-02-26 21:05:20

free runnning

テーマ:FUTSAL
ここではいわゆるフリーランを紹介します。
特別にフリーランとは、ボールを保持していないときの動き、つまりオフ・ザ・ボールの動きのことを言います。

フリーランにはこれといって特別なものはありませんが、ストレート(縦)に走るのか、クロス(斜め)に走るかなど様々です。
しかしフリーランの質によってボールの受けやすさが変わってきます。もちろんフリーランの間は常にボールは視野に入っていることが重要だ。ボールから目を切ってしまうと、出し手とのアイコンタクトが取れなくなるためである。

フリーランの際には、手が出ると一番だ。どこに欲しいのか、常に要求しなければならない。また、もらうことが出来なくても、第2の動き・第3の動きをして常に立ち止まっている時間を作らない方がよい。

また、自分のスペースを味方に渡す動きもある。なので、その場に立ち止まらないで、スペースを空け、そのスペースに次の選手が走りこむなど、フリーランは奥の深い動きといえる。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。