EURO2008 スペイン優勝。

テーマ:
「世界の潮流」が変わるきっかけになるかもしれない。
優勝したスペインは華麗なパスサッカーで対戦した全チームを圧倒。スペイン以外の勝ち上がったチームにも一定の傾向が見られた。それは「攻撃のできないチームは勝てない」という新たな流れであった。

●至高のフットボール

今大会のスペインはそれほどまでにバランスと選手層に優れ、なおかつ常に主導権を持つ積極的なサッカーで勝ち進んだ。2004年頃から「守備的なサッカーが最後に勝つ」時代が続いたが、スペインの姿勢は全世界に衝撃を与えたことだろう。

スペインにとって今大会のハイライトは決勝のドイツ戦だ。全対戦国の中ではイタリアに次いで実力が近く、イタリアよりも攻守のバランスには優れたチームだった。それでもスペインは全く変わることなくパスを繋ぎ、前線の選手がその一つを確実に仕留める。アグレッシブさが売りのドイツを見事にかわしてボールを保持し、相手の穴を突き続ける。スペインの完勝は「技」によってもたらされたものだった。

●攻撃は最大の防御

今大会は派手な逆転劇や大量得点の勝利などが相次いだが、勝ったチームに共通していたものは「攻撃力」や「積極性」であった。旋風を巻き起こしたトルコはそのどちらも兼ね備えていたし、ロシアもオランダ戦は積極的な攻撃が勝利を呼び込んだ。

逆に攻撃の形が構築できなかったイタリア、フランスは選手層が厚くとも結果を残すことができなかった。オランダもグループリーグこそ素晴らしい結果を残したが、ロシア戦では相手の出方を伺っているうちに試合が終わってしまった印象である。

EURO2004のギリシャ、ドイツワールドカップのイタリアは堅い守備がベースにある「リアクションサッカー」だった。今大会でスペインが示した「勝てるアクションサッカー」のスタイルは、今後のサッカー界の新たな潮流を作る第一歩となるだろうか。