割り箸について

テーマ:

お蕎麦を頂く時は、塗りの箸より割り箸の方が当然ながら食べやすいですね。

日本で使用する割り箸は98.2%が輸入で、内90%以上が中国の輸入ですが、態々漂白したものも沢山含まれ、一時問題になりました。

我が国の年間消費量は258.8億膳で、年間一人当たり平均消費量は200膳。

 

昔は客が使用済みの割り箸を、蕎麦屋・うどん屋・飯屋などに回収買い取りに来る専門業者があり、アイスキャンデーの棒などに使われていました。

年配の方ですと、割り箸を使った丸棒のキャンデーをご存知だと思います。

 

殆どが使い捨てされる割り箸。

勿体ないからと再利用すると「貧乏くさい・不潔・恥ずかしい」等といわれそうです。

でも自分で使った割り箸なら不潔とは思えないのですが、纏めて洗うと誰の使ったものか分からなくなるので、不潔といわれるのでしょう。

そうならば、木製の俎板はもっと不潔ということになってしまいますね(笑)。

 

調べると割り箸のリサイクル法が沢山あります。

インテリアのフロアライト・オブジェ・ティッシュケース・花籠・棚受け・消臭剤etc。

 

そば雅はアルミホイルに包んで焼き、消臭剤を作ってみましたが、マドラーや下駄箱・冷蔵庫の消臭に使えます。

 

 

 

 

その下にある画像は、そば雅が子供の頃によく作ったゴム鉄砲です。

 

 

 

 

 

ご訪問有難うございます。

(そば・うどん)のボタンをクリックして頂きますと励みになります。

   ↓

 

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村