入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.47

上田経営コンサルティング事務所

所長 上田 真一さん

【銀行取引コンサルタント】

 

 

「銀行折衝のプロ」と呼ばれて。

広島総合銀行(現もみじ銀行)を退職後、銀行取引コンサルタントとして独立。銀行融資や資金調達のコンサルティングのほか、講演、執筆活動においても活動の幅を広げる上田さん。

講演は、商工会からの依頼が多く、遠くは函館や与論島など全国各地へ出向く。内容は、経営指導員や会員を対象に「銀行取引」や「お金」をテーマにしたものが中心。最近は「キャッシュレス決済」について話す機会が増えたという。

18年前。独立時に始めたメルマガの登録者は、なんと45,000人。銀行融資ノウハウの情報を発信し続けている。

顧問先は、製造業や運送業、飲食店などさまざま。年商3億円の企業や300万円~500万円の小規模事業者まで幅広く、中小経営者たちから「銀行折衝のプロ」との評価を得ている。

 

 

起業を決断した心の内。

広島に生まれ育ち、大学進学を機に、東京へ。

バブル期の東京。高層ビルの上階で黒服を着てのアルバイトは、実家からの仕送りも必要ないほど高給だった。テニスサークルに所属し、休みは軽井沢で過ごすことも。

しかし根は堅実な上田さん。

卒業後は、東京で上場企業に就職という選択もあったが、大企業で全国各地の営業所を転々とするよりも、地元の金融機関を選んで広島に戻った。

お客さんに可愛がってもらった20代。中山間地の営業所に勤務していた時は、毎日のように、いろんなお客さんの家でお昼ご飯をご馳走になっていたという。

30代で起業する折、頭をよぎったのは、

「日本のセイフティーネットは確か」

ということ。広島には川もある。食べることに困れば魚を釣って、きっと食べていける。

覚悟の表れとして起業の時に買った釣り竿は、今も自宅にあるという。

「それを見ては、初心を思い出す」

と、上田さん。

 

百折不撓」諦めなければ、失敗ではない。

好きな言葉は、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。

たとえ百回失敗しても、諦めずにやり続ければ成功する。

そう信じて信念を曲げず、相手がたとえクライアントの社長であっても、

しつこく言い続けることもあるという。

自身が一代で築いた会社の、事業承継に悩んでいた社長には、

「社長がつくった会社なんだから、死ぬまでやったら?」

と意表を突いた言葉をかけたことも。

それは、

「(本音では)辞めたくない」

という社長の気持ちを汲んでのこと。

後で後悔するくらいなら、承継しなかったことを

「あの世で後悔してくれ」

と、上田さん。

社長を退いてもなお、口出しして疎まれるくらいなら、

いっそ「死ぬまで」という選択も、(場合によっては)創業社長なら許されるかも、と頷けた。

 

 

趣味は、読書。

堅いものから、時にはマンガも読む。

最近、印象的だった本は、

「ベリリュー -楽園のゲルニカ- 」

本屋さんで、タイトルから太平洋戦争中のペリリュー島の激戦が頭に浮かび、気になって手にした。

分野にこだわらず様々な本を読んで得たものを、今後もビジネスに活かしたい。

AI融資などが今後普及すれば、

「銀行取引コンサルタントは必要ない」

と、上田さん。

SO@Rビジネスポート入居からはや10年。

次なる10年に向け、既に構想は始まっている。

 

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来 千鶴