入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.40
川元技研株式会社 社長
川上 雄二さん
【上下水道施設、水処理プラント設備設計】


 

ものづくり好きの少年が、選んだプラント設計の道。
出身は広島。農家に生まれた。
子どもの頃は、農機具を修理して自家用の野菜をつくったりもした。高校は普通科に進んだが、ものづくりが好きで、古いバイクを集めては修理して乗っていたという。
高校卒業後は、技術系の仕事がしたくて、自動車関連の設計会社へ就職した。
バブルの時代。経験のない者にも丁寧に指導してくれるありがたい環境の中で、丸一日、線を引く練習をすることも。設計について、半年以上かけて学んだという。
数年後、プラントの設計事務所に転職。以降25年間、プラント設備設計ひとすじに経験を積み、2015年に独立した。
設計図の9割は公共事業。
設計前の計画段階から、仕様書に記載するための設計、実際の工事の施工図まで、幅広く対応する。
同社のようなプラント設備設計の小規模企業は、広島には3~4社しかなく、需要は多い。



20代は自転車レース、現在はウルトラマラソンに夢中。
SO@R ビジネスポートへは2018年6月に入居。安佐南区の自宅から、毎日、自転車で通う川上さんだが、実は20代の頃は、マウンテンバイクのレースに出ていたそう。
オールジャパンのシリーズ選で最上級のクラスに入る実力の持ち主と知り、驚いた。
当時は、休日には8~10時間トレーニングをするのがあたりまえ、
仕事の日も朝5時に起きて2時間のトレーニングをこなしてから出社していたというから凄い。
 


「夢中になることが好き」
という川上さんの、現在の趣味はウルトラマラソン。

広島県内では安芸太田、比婆山、県外では奥出雲、とびしま海道など、
中国五県だけでも、多数の大会が行われており、参加の機会は多いという。
それにしても、60~100kmという長い距離を走る、

過酷なマラソンに、どんな魅力があるのか。
「走っていると、一人になれる」
と、川上さん。
走ることに夢中になると、自分に向き合える。
一つのことに集中でき、“考える”ことができる。
そして、完走した時の喜びは、走る楽しみとなる。
 


 

今後の展望を聞いた。
人を増やして、今より大きな規模の受託を狙うことも、可能性としてはあるが、
「タイミングによる」
と言う川上さん。自然豊かな地で育ち、山の中でバイクを走らせ、黙々とひとすじの道を走ってきた、川上さんらしい台詞だと、納得した。
 

 

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴