カルトの国のアリス (AliceInCult)★シリウス裁判の記録

シリウス(旧ザイン・ザイクス・地獄産業・地極産業)との裁判の記録です。


テーマ:
私が、いちばん最初に、シリウスのことを弁護士さんに相談したのは、
全国霊感商法地策弁護士連絡会のサイトでした。。。
(当ブログのサイドバーに連絡先をリンクしていますチョキ

2009年9月。

100万円もする『軍票』(注1)なるものを押し売りされた私は、
メールや電話で毎日来る、矢のような催促に悲鳴をあげました
爆弾

メールの内容は、全部残っていますが、
「親に借りろ、知り合い全部にあたれ、消費者金融に行け、都会へ出て高額バイト(※)をしろ」と、
それはそれは、ひどいものでした。

(※シリウス(当時は「地獄産業」)では、女性の高額バイトというのは『風俗』のことです。

サイドバーのブログ『社会復帰後』をごらんになると、
実際に勧められて風俗に行ってしまった女性の悲しい話が、
赤裸々につづられています。)

そして、軍票を買ってから辞めるまでの数カ月間、
私は毎日、夜中の督促電話やメールに悩まされ続けることになります。

2009年12月。

100万円の支払いは、
生まれて初めて消費者金融にも行かされたこともあって、
5回分割の残りは、20万円になっていました。

(支払い金額ですが、
10回でお願いしたのに郵便振替の5回払いに勝手にされてて、
なぜか10%もの手数料もシリウスに支払う!というもので、

これに、消費税、サラ金の利子約20%などを含めると、
トータルでの支払金額は、100万円どころではなくなります。)

でも、どうしてもその20万円の工面がつかず、
ネットで、全国霊感商法対策弁護士連絡会のサイトの電子メール相談で相談をしたのです。

「以前、『総帥株』(注2)を20数万円分買ったのですが、
それを残ってる支払いに充ててもらうように主張することは可能でしょうか?」と。


忘れもしない、2010年の1月1日のことでした。

今思うと本当にばかばかしいのですが、
当時はまだマインドコントロールにかかっていたため、

軍票を買わされてからの4か月は、
生まれて初めてサラ金に行ったり、毎日ノイローゼのようになりながらも、
私は必死で金策を考えていました。

思えば、シリウスに関わってからというもの、
いつのまにか、私はお金の心配ばかりするようになっていました。

そして、2009年12月、
ついに「もうだめだ!!」と思ったのです。

ただ、まだ恐怖心がかなりあり、そんな中での、サイトへの相談でした。。

するとビックリマーク

まだお正月も明けぬ1月2日の夜、
弁護士さんからメールが入ったのです。

そこには、力強いお返事と対処方法が書かれていました。

その時の、安堵感とほっとした気持ちは、今でもはっきりと覚えています。

本当に、地獄で仏を見たようでした。。(地獄で仏を見た瞬間パート1アップ

それで、お正月が明けてから、事務局のほうで相談させてもらうことにしたのですニコニコ

                               
注1軍票 シリウスの会長であり、団体の創始者である小島露観(こじまろかん)は、
「いつか必ず政権を取る!」と言って、そのための資金源として、軍票なるものを売り出した。

価格は、10万、100万、1000万とあり、
その価値は、小島が政権を取った暁には、十倍以上にはなるはずのものだった。。

関連記事:軍票(ぐんぴょう)とは?

注2総帥株 小島はまた、「総帥」と呼ばせていたころ(その後、「軍帥」に変更)、
「出世株のような意味合いの個人株式」を売り出した。

価格は1株1万円。購入は、1株はほぼ強制だったが、
最初のころは、退会すると返金していたようだ。
その後、返金も株自体も、「なかったこと」になった。

関連記事:これが総帥株だ!

<次の記事「全国霊感商法対策弁護士連絡会のサイト」へ>

   >>「このブログの歩き方」へ<<


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。