テーマ:

光の灯火は、明るく輝いている。

 

明るく輝くものは、光の灯火とは限らない。

 

それそのものが輝いているとは限らない。

 

暗く深い闇の中で、光の灯火は輝いていることを観ることができる。

 

 

輝いているようにみえて、

 

何かの、誰かの輝きを反射しているものはたくさんある。

 

 

それはそれでいい。

 

 

ただ、輝いている光の灯火そのものが消えたとき、

 

反射している輝きも消えてしまう。

 

 

光の灯火を、自己の内に灯すとき、

 

どんな時にも輝くことになる。

 

 

輝きつづける限り、永遠に。