用語的に、創造性や多様性という言葉が増えてきました。

 

が、実質的には、

平均的には、単調になっていたり、安易な真似だったり、形骸化だったりが、

増えてきている気がします。

 

言葉、もしくは、その先端のみがはやり、

精錬さや、探求、塾考や熟成・熟練、奥ゆかしさを含めたデザイン、

に、エネルギーを活用できなくなってきている気がします。

 

成功(上手くいく)という、単一的な情報を求めてしまっている感じがします。

 

 

自然 や 心 のような、調和的なカオスから生まれる美しさは、

技術向上していく世界では、貴重になっていくのかもしれないと、想うことが多い最近です。