この世界のことを知ることは、

自分の色んな部分をしることに繋がります。

 

知るというのは、知識として知るのではなく、

「どういった存在」なのかを、

様々な見方で知ることです。

 

もし、それを知れたのなら、

あたかもその部分(事象)を自分の一部のように扱うことができるでしょう。

 

知ることによって、自分自身との関係がわかるのです。