闇:人生の道を示すもの。

テーマ:

星回り(西洋星占術)では、84年に1度の転機が訪れているようですね^^

気になる方は調べてみてください。

 

 

大きな決断の時には、

大きな自分の見なかった部分が浮上してきます。

 

その一つは、自分の心の「闇」でしょう。

 

 

闇が出てきている時に、闇を払うことばかり考えていますが、

「では、なぜ闇が出ているのか?」を考えることは重要です。

活路の一つになるでしょう。

 

 

いろんなスタンスがあると想いますが、

「闇」に関する「詩」が出てきましたので、載せておきます。

最良・最善の選択がありますことを。

 

 

=============

 

【 闇 】

 

闇は闇を呼ぶ故に闇来たれりと姿を現わす。

闇を望む者いずこにと、

その望みにかないて馳せ参じる。

 

闇を嫌う者、

闇の中で自らの写し鏡を見るのを恐れり。

深淵の生粋の闇、それは嫌う者のその姿見を映すものなり。

  

闇深き時、

闇の深き深淵は、光や輝きを覆い隠し、

行き交う光の軌跡を隠す。

故に、

真に光輝きを、自らの輝きを放ち纏う者を、

浮き立たらせ、輝く光の所以を見せしめる。

汝、輝きを持つ者かと。 

 

我は闇、

光と対にして、その光を真に知らしめる者なり。

我闇として、光の所以をいずこにあるのかを指し示す誘い手なり。

我は真に輝く者をこの世に知らしめる者なり。 

 

闇の中にて迷う者よ、

闇の中こそ光を見つける時なり。

 

闇の中で足掻く者よ、

闇の中こそ光をを放つ機会なり。

 

闇を恐れる者よ、

真の自身を知り向き合い、偽りの姿をかき消し道を知る道しるべなり。 

   

我は闇なり。

光の明るき輝きを、相対して、

最も深く知る者なり。

 

我は闇なり、光を知る者なり。

 

 

=============