部分的発達 と 全体調和

テーマ:

仕事術として必要なことは、

 

自身の担う内容が明確なこと

 

が一つある。

 

 

それさえわかれば、あとは単純である。

 

 

組織内と思っていようが、

 

組織外と思っていようが、

 

 

地球や、宇宙という、

 

 

全体構成、全体組織の一部であることは、間違いない。

 

 

その影響力がどのような割合なのか、

 

 

で、自身の立場に影響が結果として、見える形で出るのかが変わる。

 

 

 

一人の状態は全体で支えらてているし、

 

全体は、一人一人で支えられている。

 

 

その相互関係のバランスを崩した時、

 

全体は崩壊をはじめる。

 

 

 

仕事をするのなら、当然のことながら、

 

どのポジションであれ、そのことを知っておくことが必要である。

 

 

そのバランスを崩すものは、仕事になっておらず、

 

それは仕事の妨げとなるものである。

 

 

より良い仕事は、全体のバランスを整え、

 

より未来に創造性をもたらすものである。

 

 

どんな小さな領域であろうと。

 

 

AD