ラ★サール学園到着。

ラ★サールですよ(o゚Д゚ノ)ノラ★サール!


ここで剣道のセミナーが開催されている。


とっても素晴らしい施設。







とにかく…

びっくりするほど皆さん熱心。

しかも…

所作が美しい。

思わずこっちの背筋がピンとなってしまうくらいだ。



ここには正しく美しい剣道が生きていた。



田原先生が長年に渡ってご指導されてきた『剣道』が…

ここに根付き…

脈々と生きているのを感じた。



午前中は素振り、日本剣道形。
そして木刀による基本稽古法を行った。






『前に出るのは3歩なのに5歩でさがるのは何故かわかるか?』


受講者の皆さんに田原先生が尋ねられた。


そういえばそうだなぁ…
なんでだろう。


考えたこともなかった。


同じ距離を3歩と5歩…


たしかに意味があるに違いない。




でも考えてみたら…

なんとなぁ~くわかるような…

感覚としてはわかるような…

でも…

言葉では何と説明すべきか…






やっぱ、わからーーーーんっ( ̄ー ̄)






しばらくして…
田原先生はこう仰った。




『3歩は威勢』
『5歩は余韻嫋嫋』



すとん…
府に落ちた。



嫋とは…嫋やか(たおやか)
ほっそりとして動きがしなやかなさま。
態度や性質がしとやかで上品なさまである。



なるほどなぁ…



意味を知ると…
きっと心が存在感を出し始める。

それが動きとして現れると…
見えない心が見え始める。



いざ勝負‼‼‼
と威勢よく入り込むから歩幅はおのずと大きくなり…

戦いの余韻を嫋やかに表すと歩幅はおのずと小さくなる。



『3歩は威勢』
『5歩は余韻嫋嫋』



言葉って大事だなぁ。


人に伝える時どんな言葉を選ぶかで…


きっと伝わり方も違うはず。



だからこそ学びが必要。



そう痛感した。




そして午後は審判法、地稽古をして共に汗をかいた。



素晴らしい時を共有させていただいている今…


この今に感謝し…

未来に感恩報謝。











素晴らしい時間を…
ありがとうございます。


幸せです。