2019年2月19日

______千葉の里山/房州アルプス_____

房州アルプス(ぼうしゅうアルプス)とは、

千葉県富津市志駒及び梨沢に所在する山列の通称である。

千葉県富津市志駒及び梨沢に所在する志駒川と相川(梨沢・七ツ釜渓谷)に挟まれた南北に連なる山列。

最高峰は標高267mの無実山。その他、山頂に訶具都智神社が鎮座する標高225mの愛宕山(志駒愛宕山)などがある。

戦後、尾根沿いの登山道が整備され、多くの登山者が訪れるようになった。 (ウィキぺディアより抜粋)

 

               *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 

前編・・・梨沢区公民館~七ツ釜分岐~志駒林道~房州アルプス登山口~志駒愛宕山~詞具都智神社

 

続きです。

 

梨沢区公民館前から歩き出し、房州アルプス登山口に到着。ここから入山です。

最初に志駒愛宕山の詞具都智神社(かぐつちじんじゃ)に到着しました。

詞具都智神社(かぐつちじんじゃ)

 

愛宕山に登りました。

参拝を済ませ、無名祠の登山道まで戻ります。

 

鳥居の右側の道を進みます。

鳥居の手前は車が通れるほど広い道でした。

 

 

カンアオイ

花は無かったです。葉の文様がきれい~

 

無名の祠のあるピークに戻ってきました。

 

パイプの組み立てられた分岐に到着。

登山口は右側でしたが、ここから、左側へ進みます。

 

咲いていた花

 

タチツボスミレ

 

 

 

出合う登山者は一人もいませんでした。

 

 

やがて、開けた場所にとうちゃこ~~。

ここが「地獄のぞき」です。

おお~。素晴らしい展望~~。

恐る恐る谷をのぞき込みます。

落ちるよ~~。気をつけてね~~。

私も覗いてみました。

東側が切れ落ちた絶壁です。

下方に案内板が落ちていました。赤い矢印です。

ズームイン!

地獄のぞき

 

 

証拠写真、撮りました~~。タイタニック風に。

 

 

10時30分でしたが、

雨が降りそうなお天気でしたので、ここで早めの「ランチタイム」。

東京駅で購入してきたお弁当。

かにちらしと手まり寿司弁当

頂いてきた夏みかん

そして、コミュの管理人さんから手づくりケーキ。

デザートのチーズケーキ、美味しい~~~♪

ごちそうさまでした。

 

 

では、出発です。

 

 

 

あっ。ここが露岩テラスかな?

ぽつぽつと雨が降り出しました。でも、雨具を着るほどではありません。

 

急ぎ足になります。

小さなアップダウンを繰り返します。

 

根っこ道~。

時々、自然の罠があり、コケそうになります。

足元注意!

 

樹木に囲まれたピークにとうちゃこ~。

無実山(267m)

三角点がありました。

二等三角点にタッチ!

山頂標識はありませんでした。

 

先を急ぎます。

痩せ尾根通過。

 

ここからはアスレチックな登山道~~

 

蔓が多い~

倒木が多い~~

狭いトラバース道を進みます。

 

 

やがて、マテバシイの並木道

 

独特の色合いです。

 

何だか神秘的~

 

ミカン畑を通過~

そして、道路に合流。

このあたりはミカン畑が多いです。

このあたりが内台集落です。

 

「房州アルプス内台登山口」の案内板。

 

こちら側から逆コースで登ることもできます。

 

この後は鎌倉古道を歩きま~す。

 

後編に続きま~~す。

 

続き・・・後編

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!