「ねぇ母ちゃん

 

  5歳で死んじゃうこともあるし

 

  100歳で死んじゃうこともあるんだよね?」

 

 

 そうだよね

 

 命は終わりがあるんだよね

 それは、誰にも分からないよね。

 

 


 「うん、

  母ちゃん…


  寂しいから死なないでね。」

 

 

 

 息子の突然の語り掛けに

 思わず泣きそうになりました。

 

 

 命はいつか終わりがくるけど

 それは明日かもしれないし

 ずっとずっと先かもしれない

 

 いつまで命があるかは誰にも

 分からないよね。

 

 


 だから、母ちゃんは

 毎日を大切に生きるよ。

 


 ぴーとも、ぴーとの大切な一日を

 精いっぱい楽しんでくれたら

 嬉しいな。

 

 

 母ちゃんは、今日も

 ぴーとと一緒に

 ごはんが食べられて

 お話ができて

 絵本を読んであげられて

 一緒に寝られるだけで

 ほんとに幸せだよ

 

 

 そんな命の話をして

 今日は眠りにつきました。

 

 


 4歳になった息子ぴーとの

 言葉に時々ハッとさせられます。

 

 

 4歳なりに色々なことを感じて

 学んでいるんだろうなぁ。

 

 

    しんのう家の命のお話。



    どうか、ありのままの自分に

    自信をもって、

    未来に希望をもって生きてね。






  岡山発

  母から子へ伝える

  とにかく明るい性教育

  【パンツの教室】インストラクター 

  助産師 しんのう ゆうこ