「私は予期せぬ妊娠の末に産まれました」

 

 

 カミングアウトのようですが、

 暗い話ではないのでご安心くださいてへぺろ

 

 

 

 私と姉は年子の姉妹です。

 


 姉を産んですぐは、父の病気もある上に

 想像以上に育児が大変で

 「二人目はもう少し時間をおいてから」

   と考えていた母。

 



 

 そのため、産後に月経が再開した際

 かかりつけの産科医に


 「生理が来たということは避妊が

  必要ということですか?」


 と聞いたそうです。

 

 


 その質問へ、産科医はこう答えました。


 


 「授乳をしていたら妊娠

       しにくいから大丈夫ですよ」


 

 

 

 はい、みなさんお察しの通り


 その間違った性教育のおかげで

 今ここに私がいます(笑)

 



 

 私が助産師学生時代に家族計画について

    勉強していた時、

    母が「そういえば…(笑)」と

    おもしろ話として

 聞かせてくれましたニヤリ

 

 



 授乳中だろうが、生理中だろうが

 妊娠する時はするんです!!

 

 


 \安全日なんてこの世にないんですよー!!/

 

 

 

 母が予期せぬ妊娠に動揺したとはいえ、

 産む選択をしてくれて本当に感謝です。

 

 


 そして、トンでも指導を

 してくれた産科医にもニヤリ

 

 

    



 生を受けるタイミングって

 本当に奇跡の連続です。

 

 


 

 私も息子も授かる直前に一度流産しています。

 

 


 そのことはすごく辛くて悲しい思い出として

 残っています。

 

 

 だけど、流産しないままその子の命が

    続いていたら、今度は息子には出会うことは

    なかった。



 

 そう考えると不思議な気持ちになります。

 

 


 

 たくさんの奇跡の中で生を受けた命

 




 

 たとえ育てられないとしても

 


 大切に育ててくれる家族の元に

 大事な命を授けることもできます。

 


 

 どうか予期せぬ妊娠を

 一人で悩まないで。

 

 



 

岡山から

母から子へ伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】

インストラクター

助産師しんのう ゆうこ






楽しく学べる性教育

体験会・初級講座・中級講座とも

日程調整中です


ご気軽にお問い合わせくださいニコニコ


pantsu.shinno@gmail.com


 

 

岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡

倉敷 玉野 福山 高松 姫路 博多