埼玉県蕨市役所周辺で9日、突然ミツバチの大群が現れ大騒ぎになった。午後2時ごろ庁舎北側入り口付近に、ラグビーボール大の大群を職員が発見。しばらくすると、庁舎東側に移動し始め、隣接する大塚良次さん(60)宅の玄関前に止めた自転車に群がった。この間、ミツバチが窓から庁舎内にも侵入、騒然となった。

 午後3時半ごろ害虫処理業者が駆けつけ、約5000匹のミツバチを網などを使って1時間ほどで駆除した。大塚さんの妻健子さん(58)は「少し前に自転車で買い物から帰ったばかり。びっくりです」と話した。

 大塚さん宅では4年前にも、すぐ近くの生け垣にスズメバチが巣を作ったことがあったという。業者によると、女王バチが移動中に自転車にとまり、ほかのハチが群がったらしい。【鴇沢哲雄】

【関連ニュース】
<関連記事>名古屋県庁屋上のミツバチ、はちみつ7キロ収穫
<関連記事>ニュースがわかる「ミツバチが足りない!」
<関連記事>ニュースがわかる「ミツバチが暮らす環境を守ろう!」
<写真特集>写真展:虫の目で見た迫力の自然界 栗林慧さん作品を紹介
<写真特集>ミツバチが集まる花々の写真はこちら

口蹄疫で鹿児島・宮崎県境の一般道封鎖へ(読売新聞)
発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
<口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)
皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)