今引きこもり人口で一番多いのが、

20歳前後の若者たちです。

彼らのほとんどが、長い不登校の後に、

病気と告げられています。

 

病名を告げられたら基本的には医者任せ。

そこで、薬によって

社会生活に復帰できるのであればいいのですが、

残念ながらそうはいかないケースがほとんどです。

事実、

推計では、18~40歳の引きこもり生活者は、

なんと35世帯に1世帯の割合だとされています。

たしかに、

一時は様子を見る必要はありますが、

その時の的確な対処がなければ、

彼らはまゆのまま一生過ごすどころか

幼虫に逆戻りすることにもなりかねません。

一生引きこもることになるかもしれないのです。


最初の対応である専門機関の

意味のないアドバイスが

とても害となっているのです。

 

前回「意味のないアドバイス①」

の続きです。

●心から発する言葉は受け入れるでしょう。

●お母さん、明るく笑顔で。

●自信が持てる事を見つけると良い。

●父親との交流の時間を持つべき。

こんなアドバイスは当たり前すぎて

誰も反論はできません。

本当はその先が聞きたいのです。

●母子登校を続けてください。

ご家族から考えると、

母子登校や保健室登校は

学校に近づいているように

感じられるのかもしれませんが、

それは幻想に過ぎません。


これが登校刺激として

彼らに過度な緊張状態を

もたらすことがほとんどです。

この状態から

自発的に登校するようになる事は

とても稀なことだと思います。

●ある時期から突然、親から離れるパターンもあります。
●おかしいですね。お母さんの力だけで

普通は何とかなるものなんですけどね。
●病院にいかれてみたらどうですか?

何もできないことを認めないための

責任転換の言葉です。

これでは話になりません。


接し方や生活上の工夫も大切なことですが、

大事なのは本人の情緒が安定すること、

脳の性能が元に戻ることです。

本当はその道筋が一番聞きたい事ではないでしょうか?

 

漢方の宮崎薬局

https://www.miyazaki-y.jp/

からだにおせっかい