クスリは効くが治さない。
カラダの治癒力があなたを治している。
ひとはなぜ治るのか?
けがや病気になった時、
現代では多くの方が何の疑問も持たずに、
すぐにクスリを使います。 
この100年ほどの医薬品の研究により、
たくさんの症状に対応するクスリが生み出され、
世界中で使われています。
クスリを使うと、
体の悲鳴である症状が消えるので、
痛みや不調が止まり、病気が治っていきます。

ところが、
クスリを使って症状が消えても、
また同じような症状がぶり返すこともあります。
そして時には、
何年もクスリを使い続けることも出てきます。
多くの人は、
何の疑問も持たずに、クスリを使い続けていることでしょう。
そして
同じようなクスリを長期に使い続ける場合、
その多くが遅かれ早かれ、
副作用という厄介な薬害に蝕まれていくことになります。
その一方で、
不調になった際、
様々な理由でクスリを使用しなかった場合でも、
自然と病気が治っていくこともよく聞く話です。 
 
クスリは積極的に使うべきなのか?
使わないでもすむのか? 
クスリだけでいいのか? 
クスリ以外の方法はないのか?
病気になった時は、
様々な選択肢や迷いが起こってくるでしょう。
特に慢性病の方は大いに悩むところです。
病気を治すときにクスリを使うことはありますが、
だからと言って、クスリを使わなかったから病気になった、
というわけではありません。
 「ひとはなぜ治るのか?」という疑問は
「ひとはなぜ生きていけるのか?」にも通じます。
 
医学部でも薬学部でも教えていない、
「自然治癒力=治る力=生きる力」
フォーカスしてみましょう。
 
人体は歯車の連動
人間の体は、様々な材料で成り立っていて、
様々な仕組みを持っています。
免疫系、ホルモン系、神経系、骨格系、内分泌系…など、
まるで大小さまざまな無数の歯車が
複雑に組み合っているようです。
その歯車たちをスムーズに動かしているのが
体内で生み出されるエネルギーです。
そしてそのエネルギーを
細胞内で絶え間なく作り出すために
さまざまな栄養素が使われています。

本来は、
必要な栄養が必要な分だけ、からだの隅々に届けられ、
細胞一つ一つがちゃんとエネルギーを作り出すことで、
カラダは良い状態を保っているのです。

カラダの不調と言うのは、この歯車が
スムーズに動かせなくなっている状態だともいえます。
歯車が破損していたり、停滞していたり、
暴走していたりするのだと考えると分かりやすいでしょう。
この歯車に直接作用するのが薬物です。
 
クスリと薬と栄養素
現在多く使用されている化学薬品は、
微量で強力に歯車を動かしますが、
動かしている歯車はひとつだけです。
あたかも、治ったような挙動を起こさせますが、
ほかの多数の歯車の連動にもひずみを生じさせるため、
その場合は、別の病態が発現します。
とくに慢性病の場合は、
化学薬品だけで対応していると、
治癒からますます遠ざかり、
別の病気が出てきます。
歯車を無理やり止めたり動かしたりし続けると、仕組みが疲弊し、まともな人体の動きができなくなっていく可能性があります。
一方、
漢方薬や薬草の類は多分子なので、
広範囲の歯車を動かすために、
カラダ全体の歯車を治癒に導く効果は高いと言えます。
慢性病対応の場合、
効果の発現は緩やかですが、全体的に動かすので、
副作用と言われる歯車の破損や停滞も起きにくいのです。
漢方薬などの薬草療法が、
安全で全身的に整えてくれると言われる所以です。
 
主役と黒子
ところが歯車の動く仕組みから見てみると、
本当の主役は栄養素なのです。
栄養の応援がなければ、
歯車をいくら動かしても空回りに終わります。
あくまでも主役は栄養素、つまり
そこから産み出される様々な方向性のエネルギーです。
にもかかわらず、
栄養素よりも薬物の方が
体を治すのには大切だと考えられている節があり、
薬学や医学の方が栄養学よりも重要性が高い
と思われています。

それはなぜでしょうか?
元来は黒子の立場である漢方薬や化学薬品ですが、
歯車の一部を動かすために、効き目が鋭いので、
使用するとそれなりに目立ちます。
だから多くの人は、
病気がクスリで治っているのだと勘違いしているのです。
使用している間は効く、
クスリをやめれば元の症状がぶり返す。
そしてまたクスリを飲む。 
このようにして治癒から遠ざかっている人の
なんと多いことでしょうか。
クスリが効いているので、
治す力=歯車のエネルギーを補充することに
目が向かなくなっているのです。
 
応急処置と体づくり
急性病など、
応急処置が必要な場面は確かにあります。
そんな時はクスリで対応すればいいでしょう。
よく効くクスリを症状に当てはめて使えばいいのです。
しかしそれは治ることとは別問題です。
 
治るというのは
歯車が連動してまともに力強く動くことですから。
十分に栄養を補充して、
体の隅々でさまざまな方向性のエネルギーを発生させ、
生体反応を起こしていかなければなりません。
つまり「応急処置」と「カラダづくり」とは
分けて考えたほうがいいのです。
 
慢性病に限らず、将来の自分の健康のため、未来の命のため、
病気になってから、あたふたしてクスリに頼り切る人生より、
ひとつしかない身体を
より良い状態に保っていくカラダづくりをしませんか?
「カラダは命のいれもの」です。
あなたの人生、夢、生き様がたくさん詰まったこのカラダに、
良い栄養と良い習慣をたくさん与えてあげて下さい!(*^-^*)!
 
体質強化に
国産クロレラ「バイオリンク」がお役に立ちます。
私達の赤血球ひとつひとつと、クロレラの細胞はそっくりです。
クロレラは地球で最初に産まれた真核生物で
、私たちのご先祖様です。
食物連鎖の底辺を支える、
すべての生物の命の源とも言える生物です。
60兆からなる細胞で生きている私達ですが、
その細胞をつくるための完全な栄養を
クロレラは全て含んでいます。
またクロレラの大きさは私達の血液、
赤血球と全く同じ大きさです。
私達の赤血球こそクロレラが進化したものと
考えられ「赤いクロレラ」と言う科学者もいるそうです。
●国産クロレラ100%「バイオリンク」はどんどん新しくキレイな血液をつくるために欠かせない栄養素をすべて含みます。
●クロレラエキス濃縮液「バイオリンク源液」「BCEx503」は、新陳代謝を高め、血管や細胞内の汚れを掃除して、栄養をすみずみに流し、エネルギー代謝をアップします。