皆さんこんにちは。

2月も半ばを過ぎましたね。

先日は満開の梅林を堪能しました。

春の気配を感じます。

すでに鼻をぐしゅぐしゅさせている方もおられますが、

花粉症の季節も近づきましたね。

 

しかし皆さんの一番の関心事は、

あの感染症ではないでしょうか。

武漢肺炎の新型コロナウイルスだけじゃなく、

アメリカではインフルエンザも猛威を振るっています。

店頭からはマスクが消え、

皆さんがいかに敏感になっておられるかが分かります。

 

そんな中ですから、

少しだけお伝えしたいことがあります。

それは、マスクの役目なんですね。

 

まず使い捨てマスクで

どれだけ病原菌ウイルスは防げるのだろうかという問題です。

マスクの役目として、

頭からかぶるタイプのものであれば、

それなりにウイルスや細菌を

シャットアウトする効果は期待できますが、

耳にかけるタイプの

普通の使い捨てマスクでは

すべての細菌、ウイルスを防ぐことはなかなか難しいそうです。

しかも多くの感染は「眼の粘膜」から始まります。

 

マスクの役目

マスクは、じゃあどのように効いているのか…

それは、口内を乾燥から守るということです。

自分の粘膜を乾燥から守るためにあるのです。

マスクをすると口腔粘膜の潤いが保たれて、

バリア機能が高まるということです。

 

つまりそういう理由であれば、

本当は紙より布製のマスクが一番いいのですね。

 

特に「竹布」のマスクは繊維自体が抗菌性を持ち、

保湿性、消臭性も優れているので安心です。

また使い捨てのマスクと比べて、エコロジーで経済的です。

ここ最近、使い捨てタイプとはいえ、

毎日毎日、何百万枚ものマスクが捨てられていました。

使い捨てマスクは作られたときから

すぐに捨てられるということが決まっています。

なんか、もったいない。

布製マスクを駆使してエコで乗り切りたいものです。