霜降り牛のステーキに脂ののったトロやうなぎ、
バターと卵と生クリームをふんだんに用いた贅沢なケーキ。
困ったことに世間で『おいしい』と言われている食べ物は、
決して体にはおいしくありません。

というのも、
動物性のタンパク質や脂肪は
私たちの体内では消化されにくく、
代謝の過程で老廃物をたくさん残してしまうのです。
さまざまな病気のもとは、
この老廃物が酸性毒になってしまうことに
起因することが多いようです。
 それでもやっぱり、肉や魚をたらふく食べたい、
卵や牛乳はやめられないという人は、
食べ物を完全燃焼させてくれるような、
消化酵素の働きをもつ食べ物をうまく使いましょう。
 
一般的に、
陽性で酸性の食べ物には
陰性でアルカリ性のものを合わさると、
この燃焼がうまくいきます。
昔からある、
焼き魚に大根おろしという食べ方がまさにそれです。
また、
さしみにはわさびがつきものですが、
わさびもタンパク質を消化する酵素や
毒消しに働いてくれる殺菌成分をもつ食品です。
ハーブやスパイスが珍重されてきたのは、
動物性食品の味をよくするだけでなく、
毒消しの作用をもっていたからでもあるのです。
 
さらに食べ物の毒素や化学物質を抱き込んで
体に吸収されるのを防ぎ、排泄してくれる
食物繊維の働きも大切です。
食物繊維を多く含む野菜や根菜、海藻、豆類などを
多く摂るよう心がけましょう。

最後に、『よく噛む』ということです。
これは動物性食品だけではなく、
すべての食べ物についていえることです。
噛むことで出てくる唾液には
消化酵素がいっぱい含まれています。
性質もアルカリ性ですので、
食べ物に含まれている酸性成分を
中和する手助けもしてくれます。
さらに、
唾液には食品添加物や老化や病気の原因といわれる
活性酸素を消去するパワーもあります。
 
このように、
●消化酵素となる食べ物を組み合わせる。
●毒消しの作用もあるスパイス&ハーブを添える。
●食物繊維の多いものを食べ合わせる。
●よく噛む。
など体にやさしい食事を心がけましょう。
国産クロレラバイオリンクは
この大事な栄養素豊富に含んでいます。
毎日の食事と一緒に食べて、
体内環境をきれいに保ちましょうね!