暑い日が続いております。

普段涼しいところばかりにいるので、

ほんの数十分でも外にいると真っ赤に焼けてしまいます。

 

この暑さですから、当然汗をかきますね。

汗をかきすぎると必要な栄養素まで大量に出ていきます。

この時季は毛穴も十分開いているので、

自分でも気づかないうちに汗をかいているものです。

 

汗とともに失われるもの

体内に余分な熱がこもると不調になるので、

カラダはその熱を汗という形で外に出しています。

しかし、

知らず知らずのうちに

汗とともに体力が漏れ出ているのです。

体内の元気が不足すると、

胃腸の働きが悪くなって、

栄養素や水分の吸収が落ち、

夏バテにつながります。

 

それを避けるには消耗する前に、

しっかり補っておくことが大事なんですね。

「ウナギ食べようぜ!」って気になるのは、

落ちかけた食欲を刺激するためでしょうね! ・・・

というわけで、友人に聞いたとあるウナギ屋さんにお邪魔しました。

こだわりのウナギ

20種類以上とも言われるウナギの中で、

アンギラ・ジャポニカという品種だけを扱う

そのウナギ屋の主人は、

薬品などは一切使わずに育てた

国産品だけを仕入れているそうで、

こだわりの頑固オヤジだそうです。

 

どんな恐い人かとおそるおそる訪ねたら、

めちゃめちゃお喋りで気さくな方で安心しました。 

オヤジさんいわく、

品種だけでなく、どんな水場で、薬品を使わず

どんな餌を食べさせて育てたかで美味しくなるのだそう。

つまり出生と育て方でウナギの味は全く違うとのこと。

その元気なウナギを、

職人が備長炭で焼き上げてくれます。 

白焼きを購入して、持ち帰ってタレで煮込んでいただきました。 「裂き三年、焼き一生」という言葉もあるそうで

、焼き方も上手いからなのか、

今まで食べたことのない香りとふわふわの食感に

家族みんな感動したことでした。

そこのオヤジさんの話では、

鹿島にもこだわったお店を1軒知っているよとのこと。

 名前は忘れたとのことでした。

が、どなたかご存知の方いらっしゃいますか?