ヤキイモ仙人

テーマ:

暖冬でしたが、

夏生まれの僕としてはやはりこの時期は

あまり得意ではありません。毎日防寒対策をして外出しています。先日、

帰宅したときには気温はぐっと下がっていて、

「う~さむさむ~」と車を降りると、

遠くから懐かしい音色が聞こえてきました。

 「い~しや~き、いも~」
ちょうど通りかかるところだったので、

手を振りましたら、中から、長い白髭を生やして、

かなり薄着の

仙人みたいなお爺さんが下りてきました。


そのおじいさんとしばしお話ししながら、

ホッカホカの石焼き芋を袋に入れてもらっていると、

遠くのほうから、ある母娘が部屋着でパタパタと駆けてきました。

 

お嬢ちゃんが

「ヤキイモみっつ、おとうさんのも~」

とかわいい声で言うと、

ヤキイモ仙人は顔をほころばせて

ちょっとオマケしてくれてました。


僕も子供たちの分しか買ってなかったのに気付いて、

母と妻と、そして自分の分も追加しました。 

幼い頃に、母に買ってもらって弟と分けて食べた、

暖かな思い出がよみがえります。


ヤキイモ仙人いわく、

仲間の石焼き芋屋さんはほとんど廃業されたそうですが、

自分はお得意さんがたくさんいるから

続けてやっていけてるということでした。

確かにとっても美味しい石焼きイモでした。

 

ごちそうさまでした。