亡くなった方が、誰かの連帯保証人になっていた場合には、相続人は連帯保証人としての義務も引き継ぐことになります😨が

”相続放棄”の手続きをすれば(自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に)連帯保証人としての責任も放棄することができます🙇

ただし!相続放棄をするということは、貯金や土地・建物などのプラスの財産も全て放棄することになりますので、慎重に判断にしなくてはいけません⚠

しかし…
相続開始の時点で、連帯保証人の事実が分かっていればいいのですが
亡くなられた方が誰かの連帯保証人になっていたかどうか?
これを確かめるには、
👤金銭消費貸借書を発見する
👤本人から生前に聞いていた
👤債務者(お金を借りている人)本人から聞く
👤金融機関からの返済の請求がくる
といった方法しかなく
実際には、金融機関からの返済請求がきて初めて発覚するというケースが多いです💥

この場合、連帯保証人であることを知ってから3ヶ月以内であれば相続放棄ができるとされていますが

相続後、時間が経ってからの相続放棄は、必ずしも認められるとは限りません。すでに相続財産を処分してしまっていたというような場合など、裁判所の判断によることになります📖



笹川司法書士行政書士事務所
💻http://www.shihou-sasagawa.com/