故人の思い出の品

テーマ:

故人の時計・宝石・貴金属・骨董品などの動産は


どのように分けるかかおはてなマーク

       
      


故人が生前使っていた身の回り品などは


親族などで、故人の思い出の品として分け合うことになりますが…(=形見分け)


注意!


旗形見分けするのは、金銭価値の低いもののみにしましょう!



時計・宝石・貴金属・骨董品といった動産も


高価なものであれば


相続人全員の共有の相続財産になります


勝手に形見分けすると争いのタネになることも爆弾



合格金銭価値が高いと思われるものについては


  誰が何を受け取るか


  遺産分割協議において、きちんと話し合って決めた方がいいでしょう




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト

相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談