生命保険金は誰の財産?

テーマ:


亡くなられた方が生命保険に加入していた場合


生命保険金の請求をすることになりますが


受取人を誰にしていたかナゾの人によって


相続財産になるか否かが決まります



かお受取人が特定の者に指定されていた場合


  →相続財産にはならず、受取人固有の財産になります



かお受取人が相続人とされていた(特定の者に指定されていない)場合


  →相続人各自が保険金請求権を取得することになり


   相続財産にはなりません


   誰が、いくら受け取るのかが指定されていないのであれば


   法定相続分によって配分されることになります



かお受取人が本人(亡くなられた自身)とされていたの場合


  →保険金は一旦本人の物になるので


   相続財産となります


   誰が、いくら受け取るかは、遺産分割協議で決めます


    
   


生命保険の契約をする際は


受取人を誰にするか


残された家族がもめることがないよう


慎重に決めなくてはいけませんビックリマーク


また、契約の仕方により(契約者・被保険者・受取人を誰にするか)


死亡保険金を受け取ったときにかかる税金も異なってくるため


注意が必要です



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト

相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談