妻に負担をかけない遺言を

テーマ:

自筆証書遺言の場合


遺言の発見者(または保管者)は


家庭裁判所に遺言書を提出して


検認を受けなくてはいけません


   虫眼鏡検認とは


    相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに


    遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など


    遺言書の内容を明確にして


    遺言書の紛失・偽造・変造を防止するための手続きです


アネモネ検認の手続きがすんでいない遺言書では


 不動産名義変更・預貯金の解約など


 相続手続きを行うことができません


検認は


・まず家庭裁判所に申し立てます

          ↓

・家庭裁判所から相続人全員に検認を行う日時が通知されます

          ↓
・申立人・その他の相続人の立会のもと遺言書の開封・検認が行われます


    検認に立ち会うかどうかは自由で


    相続人全員が揃わなくても、検認手続きは進められます


    検認に立ち会わなかった相続人には、検認がなされたことが通知されます


そこで


注意子供いないご夫婦の場合、特に注意が必要です


夫が自筆証書遺言をのこして亡くなった場合


妻は、まず家庭裁判所に検認の申立をしなくてはいけません走る


検認申立のためには

 

 ・夫の出生から死亡までのすべての戸籍


 ・妻自身の戸籍


 ・夫の兄弟姉妹の戸籍


とたくさんの戸籍を集める必要があります走る


そして検認の際には


夫の兄弟姉妹(立会いがあれば)と共に、遺言書の確認を行うことになります走る


”全財産を妻に相続させる”という内容だった場合


不満を持つ兄弟姉妹もいるかもしれません


そして、妻が相続争いに巻き込まれてしまう可能性も複雑

       
       

花できれば、公正証書遺言を!!


遺言を作成する際には手間・予算はかかるものの


公正証書遺言であれば


検認手続きの必要がないため


妻は、夫の兄弟姉妹とあえて顔を合わせる必要もなく


相続手続きを進めることができます



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト

相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
  

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談