遺言書は


亡くなった後、速やかに風・確実に風発見してもらわなくてはいけません


しかし


困る分かりやすい場所に保管すると…


  盗難・偽造・変造される心配があります


困る隠しすぎると…


  発見してもらえない可能性があります

          
    
 


ではどこに保管しておくのがいいのか?


一位最も確実なのは


 ”公正証書遺言”を作成し


 家族に、公証役場に遺言書があることを伝えておくという方法です


 公正証書遺言は、遺言書の原本が公証役場に保管され


      ◇相続が発生するまでは、相続人らが内容の開示や閲覧を求めても認められません


 相続が発生した際には


 相続人が公証役場で遺言の有無を検索することができます



”自筆証書遺言”の場合は


本人が自己責任で保管しなくてはいけません!


  sss金庫?


  sss鍵付きの引き出し?


  sss仏壇の中?


  sssタンスの中?


      ↓

    

 より安全なのは・・・


銀行銀行の貸金庫


  ※ただし!相続人が貸金庫を開ける際


    戸籍謄本・印鑑証明が必要


    相続人全員の立会いが必要


    など、手間がかかります


本法律専門家(弁護士・司法書士など)に預けておく


   専門家であれば


   守秘義務がありmf*

 

   相続における利害関係もありませんmf*


       ○遺言書の存在自体を隠しておくこともできます


また、もし遺言書を自分で保管している場合には


少なくとも信頼できる人1人には遺言書の存在を伝えておくべきですが


これも、できれば


家族や知人よりも、第三者である法律専門家に依頼するのが確実です



         ・自筆遺言書…必要事項を全文自筆で書く遺言書

         ・公正遺言書…公証人役場において公証人が作成する安全で確実な遺言書



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ  広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談