遺言書はいつ書く?

テーマ:


”ささ”の法律相談  
 『遺言書はいつ書く?』


遺言というと


なんとなく ”死期が近づいてからに書くもの”


といったイメージがありますがメモ


遺言を書くには、正常な判断能力


      ※自分の行為の結果を判断できる能力(=遺言能力)


がなくてはいけません


もし認知症などで、遺言能力がないと判断されると


その遺言書は無効とされてしまう可能性もあせる


また、遺言書の内容をめぐっての相続争いを生じさせてしまうこともあせる



黄色い花判断能力がしっかりしているうちに


黄色い花記憶が明確なうちに


         書いておくべきでしょう


元気なうちに


書こうと思い立った時が、遺言を書くべき時ですビックリマーク



・結婚した時

・子どもが産まれた時

・退職時

・結婚記念日

・誕生日


    などの人生の節目に書いておくのもいいかもしれませんひらめき電球



早くから書いておいても将来どうなってるか分からない


ということもありますが


  旗遺言書は、状況の変化に応じて、何度でも書き直すことができます




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村       広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所   
”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談