愛するペットへ…

テーマ:


”ささ”の法律相談   
 『愛するペットへ…』


ペットわんわん飼っているけれど


万が一、自分が先に亡くなってしまったら


愛するペットはどうなってしまうのか・・・しょぼん



いざというときの為、愛するペットのために遺言を遺したい手紙


そう望まれる方も増えてきました。



しかしビックリマーク


法律上では、ペットに財産を持つ権利は与えられていない為


”ペットに財産を譲る”


といった内容の遺言は効力を持ちません



ではどうすれば!?!?



まずひとつの方法として


信頼できる人(団体)に


”ペットの世話をするという条件で、財産を譲る”


といった内容の遺言を書いておくことができます


例)AさんにペットのBと○○万円を譲る


  Aさんは○○万円を受けることの負担として、Bの面倒を見ること。



その他


  宝石ブルー負担付死因贈与契約メモ


    自分が亡くなった後、財産の一部を譲る代わりに


             ペットの面倒を見てもらう、という契約を交わしておく


  宝石ブルー負担付生前贈与契約メモ


    自分が怪我・病気などで、どうしてもペットの飼育ができなくなった場合


        財産の一部を譲る代わりに、ペットの面倒を見てもらうという契約を交わしておく



遺言は一方的な意思表示になりますが

     (※事前に承諾を得ておきましょう)


契約は両者の合意によって行われるものになります




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村       広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所  
”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談