遺言で、財産を託したい…

テーマ:

                    クローバー何でもご相談くださいクローバー

                   笹川司法書士・行政書士事務所

              ホームページはこちら→ http://www.shihou-sasagawa.com/

                  ”ささ”の法律相談

                 
                       ”ささ”の法律相談

『遺贈』


遺言によって、財産の全部または一部を贈与することをを遺贈と言います。



黄色い花内縁の妻に財産を残してあげたい

黄色い花献身的に介護してくれた、むすこの嫁に財産を残してあげたい

黄色い花生前にとてもお世話になった方に財産を残してあげたい

など、


法定相続人にはならない人に財産を託したい時に、よく行われます。


本遺贈には、包括遺贈特定遺贈の2種類があります。



包括遺贈

  財産の全部または一定の配分割合を定めて贈与すること


      例)全財産の3分の1をAさんにかお


  主なメリットOK  財産の内容が変化した時でも対応できる

  主なデメリットNG 割合応じた借金まで引き継ぐことになる可能性がある

           (相続、遺贈があったことを知った時から3か月以内に申し立てれば放棄できます)


特定遺贈

  特定の財産を示して贈与すること


     例)金○○円をAさんにかお

       この土地をBさんにかお


  主なメリットOK  借金を引き継いでしまう危険がない

  主なデメリットNG 財産の内容が変化した時に対応できない



※法定相続人でない人へ包括遺贈する場合には、その人も遺産分割協議に加わらなくてはいけません。

 そうなれば、他の相続人から反感を招く可能性も…。

 もめ事を避けるには、特定遺贈にしておいた方がいいでしょう




笹川司法書士・行政書士事務所のホームページはこちら→”ささ”の法律相談

                            http://www.shihou-sasagawa.com/


      ”ささ”の法律相談  

            ランキングに参加しています。                                                          

           よろしければクリックお願いします。

             ご協力ありがとうございます。
             ↓ ↓
 

    にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
       日本ブログ村       広島ブログ