子どもの相続に違いがある

テーマ:

                      クローバー何でもご相談くださいクローバー 

                   笹川司法書士・行政書士事務所

                ホームページはこちら→ http://www.shihou-sasagawa.com/

                ”ささ”の法律相談
                        ”ささ”の法律相談


子どもの相続


『嫡出子と非嫡出子』


   ブタ婚姻関係にある夫婦から生まれた子 → 嫡出子


   ブタ婚姻関係以外の男女から生まれた子 → 非嫡出子

   

といいます。



嫡出子・非嫡出子ともに


子どもとして、親の財産の相続権があります女の子男の子



しかし


法定相続分において違いがあり、


非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1になります。



例えば


かおAさん ・家族 妻Bさん

          子ども2人(Cさん・Dさん)

       

      ・認知した子(Eさん)がいます。


Aさんが亡くなり、残された遺産は2000万円



妻の法定相続分は2分の1なので


   妻Bさん ¥1000万円(2分の1)


残り(2分の1)を子どもで分けます。


Eさんは、C・Dさんの2分の1になるので


   子 Cさん      ¥400万円(5分の2)

   子 Dさん      ¥400万円(5分の2)

   認知した子 Eさん ¥200万円(5分の1)


         となります。


   注意ビックリマーク

   前妻との間の子は、現在は離婚しているとはいっても、

   婚姻関係にあった時に生まれた子なので、嫡出子となります。




クリップこの非嫡出子の相続分においては


 差別ではないかDASH!・違憲であるDASH! との考えが根強くあり、


 近年では


 相続分においての非嫡出子差別が違憲となるとの裁判例も相次いでいます。




笹川司法書士・行政書士事務所のホームページはこちら→”ささ”の法律相談

                           http://www.shihou-sasagawa.com/


      ”ささ”の法律相談  

            ランキングに参加しています。                                                          

           よろしければクリックお願いします。

             ご協力ありがとうございます。
             ↓ ↓

    にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
       日本ブログ村       広島ブログ