クローバー何でもご相談くださいクローバー

                   笹川司法書士・行政書士事務所

                  ホームページはこちら→ http://www.shihou-sasagawa.com/

 

                  ”ささ”の法律相談


                         ”ささ”の法律相談


遺産分割協議により、遺産の分割をする場合


相続人全員の住民票、印鑑証明書などの書類が必要となります。



ではひらめき電球


相続人の中に海外在住者がいる場合


どのような手続きが必要となるのでしょうか



1住民票


日本の戸籍・住民票には居住する外国の住所は記載されません


在留証明書メモが必要になります。


「在留証明書」…現住所を証明する書類

 

          宝石赤現地の日本領事館または日本大使館で取得する


          宝石赤申請に必要な書類

              ・旅券・運転免許証など現住所に移住している期間を証明できる書類

              ・日本から取得した戸籍謄本   


          宝石赤遺産分割協議書には、在留証明書に記載されている住所を記載します

              


2印鑑証明書


印鑑証明という制度は海外にはないため、日本に住民票がない人は取得できません


サイン証明書メモが必要になります


「サイン証明書」…サインが本人自身によるものであることを証明する書類


         宝石緑現地の日本領事館または日本大使館で取得する


         宝石緑申請方法

             遺産分割協議書などを現地の領事館・大使館に持って行き、

             そこの係員の前で署名拇印の押印をします。

                         ↓

             係員が、署名と拇印が本人によるものである証明として、サイン証明書を発行し、

             そのサイン証明書と証明が必要な書類に割印を押してくれます。




笹川司法書士・行政書士事務所のホームページはこちら→”ささ”の法律相談

                               http://www.shihou-sasagawa.com/


      ”ささ”の法律相談  

            ランキングに参加しています。                                                          

           よろしければクリックお願いします。

             ご協力ありがとうございます。
             ↓ ↓

    にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
       日本ブログ村       広島ブログ