遺産相続 事例

テーマ:


今日は…



    遺産相続について本


遺産相続は、時には仲の良かった家族をも引き裂いてしまう…


恐ろしい一面も持っています叫び


せっかく築いた財産、代々受け継いできた財産をめぐり


家族がバラバラになってしまうのは、なんと悲しいことでしょう汗


最愛のご家族に無用な争いを起こさせないためには、


まずは、ぜひ遺言を残しておかれることをお勧めしますグッド!




   目あるご相談事例


父親を病気で亡くしたYさん。


生前から週に3回ほど実家を訪れ、食事・掃除など、父親の生活の面倒をみていました。


また仕送りをして経済面でも父親を支えていました。


Yさんには、弟と妹がいます。


2人は父親の面倒を見ることはなく、実家へお金を借りに来る事も度々ありました。


父親が亡くなり、Yさんは、弟・妹と遺産相続について話し合う事になりました。


しかし、遺産分割の割合が弟・妹と同じだと納得できません。


遺言書はありません。


Yさんが、ほかの兄弟よりも遺産を多く受け取れる方法はあるのでしょうか?

                ダウン

                ダウン

                ダウン

                ダウン

ひらめき電球生活の面倒をみていた・経済的な援助をしていた…という事であれば


「寄与分」という物が民法で定めてあります。



   「寄与分」とは…


宝石ブルー複数の相続人の中で


 他の相続人と違って


 被相続人のために特別の貢献をして


 その結果「被相続人の財産の維持または増加に特別な寄与をした」と認められれば


 その分を寄与分として


 相続分に加算できるということです


宝石緑寄与分を認めるか認めないか


 そして認めるならいくらになるのかの決定は


 遺言書に指定が無ければ


 相続人同士の話し合いによりますが


 話がまとまらない場合は


 寄与者が家庭裁判所に審判を申立てることで決めてもらいます。



「亡くなった人のために尽くした人には多く財産を相続させるべきだ」という気持ち …ですねパンダ


        ランキングに参加しています。
         クリックお願いします。

       ご協力ありがとうございます。

           ↓↓↓
          にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

           日本ブログ村