乃木坂46西野七瀬が20日、グループからの卒業、卒業コンサートの開催を発表した。

乃木坂46西野七瀬、卒業コンサート開催決定

西野は自身のブログで「いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします」と卒業を発表。

 

「17歳から24歳までを乃木坂で過ごしていろんな人に出会って、いろんな感情を知って、未完成だった私は作られていった気がします」など、思いをつづりながら、乃木坂でのさまざまな経験を振り返った。 

 「語りきれないほどの大切な思い出がいっぱい、いっぱい、あります。めちゃくちゃ楽しかった!!」といい「私の人生のなかで たぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と今、思います」と記し、ファンをはじめ、メンバー、関係者に向け感謝の言葉を伝えた。 

 

卒業については「実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして」と明かした西野。

「好きだったこの場所から離れるというのは、ちょっと不安もありますが確かに自分で選んだこと」と、胸中を明かしつつ、今後も芸能活動を続けていくことを宣言。

 

卒業コンサートは来年に開催する予定であることを発表し「なんと、新しいパターンですが、ご理解のほど よろしくお願い致します」とメッセージした。 

 最後は「やっぱりライブ好きなので、みんなで楽しく盛り上がって、、それで乃木坂46を最後にしたいですね」と呼びかけると「日程や場所など細かいことはまだ調整中みたいです。

 

お待たせしてしまいますが、是非 楽しみに待っていてくださると嬉しいです!」とつづった。 

 

 

西野は1994年5月25日生まれ。大阪府出身。2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格。2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビューを果たした。

小顔で華奢なスタイル、守ってあげたくなるような儚げな雰囲気が人気を博し、2012年にはメンバーの白石麻衣とともにファッションショーのランウェイデビュー。現在は雑誌『non・no』専属モデルとして活躍中。

 

 

「なぁちゃん」「ななせまる」などの愛称で親しまれ、乃木坂46の8thシングル『気づいたら片想い』で初のセンターに抜てきされる。以降、握手会でも毎回長蛇の列をなすほどの人気ぶりで“乃木坂46のエース”としてグループを牽引した。

 

活動は年内いっぱいとしたが、「卒業コンサートは来年に開催させて頂く予定です…!」とし、詳細は決まり次第知らせるとした。

 

 

 

 

アジア最大級のゲームイベント『東京ゲームショウ2018(TGS)』が20日、千葉・幕張メッセで開催中。

特に来場者の注目を浴びているのは、ゲームに登場するキャラクターに扮した“コスプレ”コンパニオン。

 

人気コスプレイヤーの宮本彩希さん(写真上段、真ん中)が挑戦したのは、艦船を擬人化したキャラクターたちが戦うアプリゲーム『アビス・ホライズン』の大和。

宮本彩希

#ゲーム #コスプレ #TGS2018 #東京ゲームショウ2018

#東京ゲームショウ #TGS

【TGS 2018】“コスプレ”コンパニオン続々登場 

会場を彩る美女レイヤー10選

前半の2日間(20日・21日)は、ゲーム業界関係者、プレス向けのビジネスデイとし、後半の2日間(22日・23日)は一般公開日として開催される。初日である20日はあいにくの雨模様だが、41の国と地域から668の企業と団体が出展と過去最大規模となった。 

 

『TGS』は、

9月20日(木)~23日(日)の4日間、幕張メッセにて開催中。

 

 

 

 

渡辺麻友、人生初の始球式で大緊張「頭が真っ白で記憶がないです」