固定概念の罠 | 佐藤のPoint of View

佐藤のPoint of View

動物病院のコンサルタントとして、日々気づいたことを書いていきます。 at 株式会社サスティナコンサルティング


テーマ:

佐藤です。

 

大阪に出張に行くと、毎回と言っていいほど、

ある駅で、ジュースバーを利用します。

 

そのジュースバーの料金表の見せ方に、毎回感心します。

 

一般的な料金表の書き方は、

 

S(スモール),M(ミディアム),L(ラージ)

 

という風に左から順に右に行くほど大きいサイズになるよう並んでおりますが、そこのお店は、

 

SL, M, L

 

という風に記載されており、SL(スーパーラージ)と気が付かず、S(スモール)だと思ったら、ラージサイズよりも大きく高いものを注文するという事になります。

 

料金は、小さい順から大きい順に左から並んでいるという固定概念というか心の罠を利用していると感じました

 

 

それ以外にも、

 

M, L, SL

 

という風に並んでおり、Sがないのかと思ったら、料金表のかなり端っこに小さく書かれているなどあります。

 

スモールサイズを選ばせない工夫。とても面白いと感じました。

 

snc-satoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス