こんにちは。

 

部下や後輩がいる人は、部下や後輩に対してイライラすることがあると思います。

その解決策として「部下ノート」というものがあります。

 

部下や後輩の気になる言動を1~2行ノートに書くことがスタートです。

続いて、部下や後輩の言動に対して、どんな指導をしたのかを12行で書きます。

 

ノートをつけることで、普段は何となく行っている上司・先輩として自分の言動が「見える化」されます。

部下や後輩も同じミスをしていますが、上司・先輩の自分も毎回同じ指導をしてしまっていると気付くはずです。

同じ指導を繰り返しているのだから、同じ結果(ミス)となるのも仕方ないです。

 

そこで、少しだけ言い方を変えてみるようにします。

そうすることで、部下・後輩の行動に具体的な変化が生まれ、

それがいい結果につながる可能性も高まります。

 

自分の指導の仕方を見直し、部下を成長させるために「部下ノート」試してみませんか?