【男性脳、女性脳、あなたはどっち?】男って…女って…のその前に。 | 潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会からのお知らせや情報などをお伝えします。


テーマ:

こんにちは、秦です。

 

スタッフがこんな画像をつくてくれました(笑)

 

 

いきなりですが・・・・あなたは、どっち脳?

 

LP1 男性脳

LP2 女性脳

LP3 女性脳

LP4 男性脳

LP5 男性脳

LP6 女性脳

LP7 男性脳

LP8 女性脳

LP9 中性脳(他の数字の影響を受ける)

LP11 中性能(臨機応変、やや男性脳)

LP22 女性脳

LP33 女性脳

 

 

実はね、あることを理解していると、人間関係や恋愛・パートナーシップ関係が、劇的によくなります。

 

まず、

 

コミュニケーションというものは、

基本的にことばを使いますので、

その人の思考がとてもよく現れるんですね。

 

 

 

◎自分はこういうコミュニケーションを取る

こういうのが良いコミュニケーションというものだ

 

 

みたいな価値観がそれぞれ私たちの中にありますが、隣の人がそうである、とは限りません。

 

 

恋愛やパートナーシップ、あるいは人間関係においての問題は

 

その多くは

「コミュニケーションのズレ」

から生じているんです!

 

 

 

 

 

 

もっとこう言って欲しいのに…とか

どうしてこう言うことばかり言うのだろう…とか。

 

または、「会話してくれないのはなぜだろう?」と思っていたら

相手の数字的に、コミュニケーションがそもそも苦手だったり、

 

論理的な会話をする数字の人もいれば、

運動会の玉入れみたいに、とにかくボールを投げまくる!みたいなコミュニケーションの仕方をする数字の人もいる。

 

色々あって、いいですよね。

 

 

 

 

 

潜在数秘術の目標は、


「誰かを変えようとすることもなく、自分が変わろうとすることもなく

互いに理解しあって共に認めあう」こと。

 

 

これらの分析というのは

 

「あの人はこうだ!」「この人はこうであるから、こうだ!」と決めつけたくて、公開しているわけではありません。

 

 

むしろ、

 

「ふむふむ、そうなのね、じゃあ、しょうがないっか(てへ)」

 

と気が楽になる方向に向けて欲しいと思うのです。

 

 

さて、あなたの数字はどんなタイプだった?

気になるあの人の数字は…?

 

じゃあ、いってみましょう!!

 

 

 

-------------------------

 

まず、コミュニケーションを理解する上で大切なのは、

 

「男性脳」なのか「女性脳」なのか、というところ。

 

 

もう一度、チェックしてみましょう!

 

あなたは?あの人は?

 

LP1 男性脳

LP2 女性脳

LP3 女性脳

LP4 男性脳

LP5 男性脳

LP6 女性脳

LP7 男性脳

LP8 女性脳

LP9 中性脳(他の数字の影響を受ける)

LP11 中性能(臨機応変、やや男性脳)

LP22 女性脳

LP33 女性脳

 

 

 

LP(ライフパスナンバー)をみると、

その人の好む考え方やよくする思考パターン。

 

そして、その人の「好きな」コミュニケーションの仕方がわかります。

 

 

例えば、男性脳のコミュニケーションを取る人は…

 

 

基本的に単純明快、論理的なタイプ

 

結論がまず先にないと、話がまとまりません。

 

話に筋が通っており、理解しやすい。

 

 

でも、その代わり

 

コミュニケーションが固く、理詰めしてしまうと

女性脳のコミュニケーションを取る人にとっては

それが威圧的に感じられたり、話がつまんないと思ってしまったり、します。

 

 

 

論文タイプか、

詩人タイプか、

はたまた小説タイプか。

 

いろいろな本を読んでも、その書かれ方は様々ですよね。

 

 

人間関係において、

相手のコミュニケーションを理解できないほど大変なことはありません。

 

それなので、まずは数字別に

「男性脳」であるか「女性脳」であるか、に

分けて考えてみる必要があると思います。

 

 

以下が簡単なその分類。

 

(もちろん、他の数字も影響してきますので、これだけでその人の全てを判断は出来ません。

あくまでも、思考の仕方、コミュニケーションの仕方になります)

 

 

数字がわからない人は、アプリで簡単計算!

あなたの数字が計算できる公式アプリはこちらから!

 

 

LP1 男性脳

LP2 女性脳

LP3 女性脳

LP4 男性脳

LP5 男性脳

LP6 女性脳

LP7 男性脳

LP8 女性脳

LP9 中性脳(他の数字の影響を受ける)

LP11 中性能(臨機応変、やや男性脳)

LP22 女性脳

LP33 女性脳

 

 

いかがですか?

少しイメージは湧いたでしょうか。

 

では、次にこの男性脳と女性脳の違いを、もっと分かりやすくイメージ画像にしたので、これを参考にしてみてください。

 

 

 

これが意味することはつまり、

 

男性脳

↓↓↓

頭で一度に処理する情報が少ない。

だから、いっぺんに多くの情報を伝えることが出来ず、まとめてから、コミュニケーションを取る。

 

思考をつかって伝達する情報量が限られるため、「心」で感じていることを口に出す量も少ない。

 

そのため、自ずと本音を口にしようと思っても「まとめて」からだったり、「必要な情報だけ」をピックアップしたりで、逆に本音が伝わらない、などということが発生する。

 

 

女性脳

↓↓↓

頭でいっぺんに処理する情報のスペースが広いため、色々な情報が心からやってくる。しかも、一度に大量の情報がやってくるため頭だけでは整理が出来ず、「喋りながら」それをまとめていくしかない。

 

そのため、女性というのはお話をしながら自分の気持ちをまとめ、喋りながら自分の言いたかったことを知る傾向がある。

 

 

 

このふたつをみれば、別にどちらが悪いのではなく、単純に頭の構造が違うだけなので、もう、どっちもどっち、ですよね(笑)

 

 

男性的なコミュニケーションを取る人は…

 

別に感じていることや心の言葉が少ないのではなく、それを「言語」にするスペースが小さいだけ、と思っていれば、男性脳の方のハートフルさがなんとなく見えてきます。

 

 

女性的なコミュニケーションを取る人は…

 

感じていることを「ことば」に変換するスペースが大きいので、単純にそれだけ、「よく喋る」(笑)

 

でも、多すぎて整理することが出来ないので、「自分が何を言いたいのか」わからない。それだけのこと、と言えばそれだけです。

 

 

 

さて、あなたはどちらでしょうか?

状況によりけりで変わってくることもありますが、

 

 

どの人にもメインのコミュニケーション脳があると知っていれば、言葉足らずな男性に怒りを覚えることも、喋りすぎる女性に苛立を覚えることも減るかもしれませんね。笑

コミュニケーション、そして人間関係の重要な要素である、「男性脳」「女性脳」についてでした。

 

実際の講座ではさらに詳しくみていきます!



ぜひ、気になる方は全国で開催されている、

「良質コミュニケーション講座」に足を運んでくださいね♪

 

右矢印良質コミュニケーション講座のお申し込みはこちら

 

 


豊かなパートナーシップを手に入れたいなら、これ読んで。恋愛・パートナーシップ編



ああ、人付き合いってめんどくさい…そう感じたら、これ読んで。人間関係編

潜在数秘術協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります