教えて、しっしー先生♪いいことを言ったはずなのに、相手に全然響かないときは?その① | 潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会からのお知らせや情報などをお伝えします。

潜在数秘術®ディレクターのしっしーです。

 

 

しっしーさんへ


セッションで分析をしたのですが、お客様に全然響かなかったんです(涙)

セッション力をあげたいです・・・(涙)

 

 

こんなお声をいただきました。

 

 

 

相手に響かない問題。

わたしもセッショニストになりたて時はそんな悩みがありました。

 

 

お客さまの反応が得たいと思う気持ち。

良い反応が欲しいというのは素晴らしい心がけです。

 

基本的なことをちゃんと抑えていれば、

スタイルはそれぞれでいいとわたしは思ってます。

 

 

 

 

でも、自信がなくなると

こんな想いもよぎることも。

↓↓↓↓↓↓

これも決して間違いではありませんがw

 

 

 

相手も自分もどちらも

嬉しい方が良いですよね!

LP33?笑

 

 

自分のセッションをどのようにするかを考えてみることで、より良いものにしていく。

どうせやるなら、楽しいのが一番です。

(深刻はツライですからね!)

 

 

 

私が普段どのようなことを意識しているのかと言いますと。

しっしーがいつもチェックしているポイントは2つあります。

 

◎ポイントその1

自分のタイプを把握しておくこと

 

◎ポイントその2

相手の思考パターンを把握しておくこと

 

 

この2つを日々見直すことで、セッションのブラッシュアップをしております。

 

 

 

・・・難しそう?

 

 

ご安心ください!

潜在数秘術バージョンです。

なんでも潜在数秘術に置き換えちゃうYO!

 

 

セッショニスト向けのマニアックな内容となりますが、ぜひ楽しんでいただければ♡

 

 

色々書いていたら長くなっちゃったので、2記事に分けることになりました爆  笑

今回は、ポイント①についてお送りいたしますね!

 

 

 

 

◎ポイントその1

自分のタイプを把握しておくこと

 

 

兵法書「孫子」に、

「彼を知り己を知れば

百戦してあやうからず」

という有名な言葉があります。

 

 

作戦計画を練るときにはとき、

まずは自分のことを知らなければ話にならない。

と、いう意味です。

 

 

あくまでもセッションであって、戦じゃないんですけどねw

 

 

ですが、「自分を知る」ことは、

まずやっていただきたいことです。

 

 

 

■セッショニスト向けの自己分析方法■

 

今回は、4つのステップをご紹介!

 

ステップ1から順に進んでいけば、

自分だけの分析スタイルが見えてくるようにしました。

 

数字の復習も兼ねて、気軽に取り組んでみてくださいね。

 

 

STEP1:どんな切り口で進めるか?

 

 

ここで使うのは、

LP(ライフパスナンバー)

…あなたの才能

 

何からスタートするといいのか?

どんな切り口でセッションを進めるのか?

 

セッションのスタート地点ですね。

ここでLPを使うと後が展開しやすかったります。

 

わたしの場合だったらLP33なので、基本的には本音を大切にしますね。その方が進めやすいからです。

わたしが素直に感じたことを切り口にしてスタートする、みたいな感じです。

 

まずは何を意識したら、楽チンに才能を発揮できるかを把握しておきましょうグッ

 

 

STEP2:本質的に伝えたい感覚は何か?

 

 

S(ソウルナンバー)

…あなたの目的、得たい感覚

 

 

最終的に相手と何を共有したいのか。セッションの軸となるの部分ですね。そのヒントはSにあります。

 

自分がSを発揮している時は、相手にもそれが伝わり深い感覚の共有が生まれます。

 

しっしー的に言わせていただくと、この感覚がないとパワーが宿らないんですよ…ねグラサン

 

 

ここは企業秘密とさせていただきたいところですがwちょっとだけご紹介。

 

例えばS7だったら、

センス最高!!

 

・お互いに「おおおおおぉ…」と、自分の独自性やセンスに静かに感動している感じ。

・嬉しいとか楽しいではなく、真に迫ったヤバイ感じ。

 

 

これだけ書くとえらく抽象的なのですが、ここを間違えると…。

・まず本人の内側からエネルギーが湧かない

・相手にも響かない

非常にもったいないことになります。

 

 

Sを道しるべにして、自分の軸となる感覚をチェックしましょうグラサン


 

STEP3:努力の方向性は?

 

 

D(ディスティニーナンバー)

…目的(S)に向けた方向性


 

自分の才能を、目的に向けてどう方向性づけていくか?

何をしたらいいのかわからなくなったら、ここを一度チェックしてみてください。

 

 

D7だったら難しい本を読んでみる、D5だったら例え話のために知識のストックする、D4だったら鑑定書をきちんと作ってみる、D11だったらセッション場所を見直す、D1だったらセッション前に言いたいことをまとめておくとか、D6だったらお客さまの人間関係をその場で読み解けるように準備をしておくとか、D9だったらセラピーの要素を取り入れてみるとか…

 

 

いろいろ出てきます!

これを書き出すとキリがないので

次の機会にでも…( ̄▽ ̄)

 

 

要は、努力の方向性ですね。

Dから連想することを考えてやってみるという事です。

 

 

せっかく技を磨くならば、自分にあった方向づけをして欲しいところです照れ

 

 

STEP4:どんな風に演出するか?

 

 

P(パーソナルナンバー)

…相手に与える印象

 

楽しげがいいのか、大先輩風がいいのか、

はたまたマニアック?

場の空気感や、見せ方(魅せ方)はここをチェック。

 

 

ゲッツTシャツの記事もご参考に!

 

 

セッションってその場だけでなく、お申し込みの前からスタートしているんです。

 

 

結局のところ、普段のあり方が大切ということになりますね。

どんなに自分を良く見せたくても、いざという時はいつも通りの自分が出ちゃうんですよ。

普段からどれだけ意識できているか、なんです。

 

 

あなたの個性を見てお客さまは来てくださるんです。

 

あなたにあった

●才能の発揮の仕方

●努力の方向性

●軸となる感覚、目的

●見せ方

…などなど。

 

 

それらを考えておくのって必要だと思いませんか?

必ず何かの役に立ちますので照れ

(知りたい方は全国のビジネス講座へ!(・∀・)♡)

 

 

次回は

ポイントその2

相手の思考パターンを把握しておくこと

についてお送りしますね〜♪

 

 

潜在数秘術®ディレクター

しっしー(宍戸弘美)

 


 

 

右矢印潜在数秘術®講座スケジュールはこちらから
アメ-バ《随時更新》全国各地の潜在数秘術®講座、イベントスケジュール