いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

このブログは、保育園で起きている事件や事故は氷山の一角であること、

保育の質を何とかしなければならないということを、多くの人に知っていただきたくて

始めました。

 

アクセス数やいいね、フォロー、メッセージ、そしてクラウドファンディングに

ご支援いただいた方、本当にありがとうございます!

私が頑張っていられるのも皆様のおかげです。

 

 

日付が変わってしまったので昨日なのですが、動きがありましたので

報告させていただきます。数日前に保育園に対して要望書を作成し、

回答を文章でほしいと依頼しました。

その時のブログ(文章)

その締切が2019/01/18までとお願いしていましたが、昨日園長から電話があり

 

園長「弁護士が付いたので文章での回答が出来なくなった。なので直接会って回答したい。」

と言われました。

 

しかし、法人との話し合いで、平行線だったため第三者を立てたらどうか?

と法人から言われましたので、法人と直接私が話をするのはその時で

最後だと決めていました。(その時のブログ

 

というか、18日までにとお願いしてたものを、16日の夕方に出来ない言ってくるのって

どうなんだろう。

ギリギリ過ぎませんか???

 

私「直接会うのではなく、文章でほしいのです」

 

園長「それが出来ないので直接お話しさせていただいたいのです」

 

私「それでは、文章で回答できない理由を、文章でください。」

 

園長「弁護士が付いたので、書類では何もお渡しできないんです」

 

どう結う事?そんなに証拠を残したらまずい事しかかけないの?

 

保育指針には、問題解決には説明責任が努力義務/情報の提供も必要等

記載されていたのに、しないつもりなのか?

 

例えは「園から持ち出し禁止の為、書類で渡せないので園で閲覧なら可」

とか文章にすることくらいできると思います。

その文章さえ渡せないというのはあまりにも誠意のない対応だと、

とても悲しくなりました。

 

そしてそんな対応の保育園と法人と戦うためには、

やはりこちらも弁護士を依頼しないとだめだと痛感しました。

 

ここから司法に特化したクラウドファンディングに飛びます。

 ブログを読んでくださっている方から教えていただきました。



 



袴もあり!ネットで着物レンタル!