★★ボーカリストHi-Row!!のブログ 〜 ヒロです、プロになります〜★★
  • 17Dec
    • お知らせ

      諸事情によりブログをお休みします。再開の見込みは立っていません。いつかまた会いましょう!bye!Hi-Row!!

      45
      テーマ:
  • 14Dec
    • NEWギター!

      グレッチというギターです。エレキとアコギの間みたいな不思議なギター。借り物だけど、ほぼ返す予定のない借りパクギター。了承の上ですが笑これから音楽をやってく上で写真のグレッチの横にあるステッカーだらけのギブソンと、このグレッチは必須になってくるなぁ。早くLIVEやりたい!が、しかし...曲がない...

      1
      テーマ:
    • 二兎追う者は一兎も得ず

      こんばんは、Hi-Row!!です。なんか、自分のブログを読み返すと全く主題からずれたスレたオッさんの独り言になっている事に気付きました自分にとって大事な人たちに心配をかけたくない。当然かな。しかし、いまを脱却するにはリスクは必ず付いてくる。なんだろ、これじゃ良い曲もできる訳ないし、それじゃあ本末転倒だし。自己嫌悪。きっと他の人が同じ状況でアドバイスするなら「一つずつ片付けよう」「焦る事ないよ!」なんて言うんだろうな...できねえーよと、いえども今の自分に必要なのは「自分越え」追い込むしかないな。だって、「いま」が不満でとてつもなく嫌だから。二兎追って二兎とも得るぞ、やれる、俺ならやれる。ゲットだぜぇ!

      テーマ:
  • 13Dec
    • タバコの誘惑

      禁煙30日経過後にくる、無性にタバコを吸いたくなる衝動。小銭を持ってタバコ買いに行くつもりでした。いや、待てよ。ここでタバコ吸って何か得するか?あの不便な生活に逆戻り....俺は勝った!そのかわり、やめてたパッチ買いました。あー、まじ危ない!でも、自分で言うのも変だけど禁煙生活と上手く付き合う事ができるようになったな

      テーマ:
  • 11Dec
    • この先

      みんな同じだと思うけど、この先の人生が怖い怖すぎるそれが最近、特に強く感じる様になったのは年齢が影響してるのかな?

      1
      テーマ:
  • 10Dec
  • 09Dec
    • 美容院から帰ってきました!

      やぁー、美容師さんがロックスタイル丸出しで俺のツボだったな良い所見つけられた。肝心の完成した髪型ですが、どう撮ってもうまくいかないのでイメージ画載せます。これです!台風...俺的には笑えるんだけどね実物見たい人は事務所にクレームして下さい笑箱入り息子なんですものもう!GSR代表!「早くHi-Row!!を世に出せ!」と...

      テーマ:
    • ヘアチェンジ

      いつも髪を切るとソフトモヒカンしかやらないので...たまには気分変えたいなぁ〜。でもオッさんだしなぁ〜社会人だから制限あって当然だけどねよし、その殻破ってみよう!美容師さんも中々のROCKなスタイルなので全てを委ねてみます「髪色は黒、厳守!!」ツイスト掛けてんのかな?ちなみに今回もベースはソフモヒです!仕上がりをお楽しみにちなみに社則にパーマの禁止事項はなかったまるで子供の口喧嘩レベルの肯定論。

      テーマ:
  • 08Dec
    • 980円の牛丼

      並です。しかも、吉野家です。並盛り380円なので残りの600円は?紅生姜?いやいや、違います。俺が悪いんです。食欲に気を取られて確認しなかった俺が...駅前の吉野家だったのでコインパーに停めた。まあ、オチは分かると思うけど10分300円って...なんやねんなんか、都内ってなんでもあり感がひどい。終わり。

      テーマ:
  • 06Dec
    • 当然なんだけど

      自分を客観視するってスゴく難しい。極論いうと、客観視なんてできないんじゃないかなぁって思う。周りに単刀直入にモノを言ってくれる第三者がいるって重要だよね。ムカつくけど。ただ、自分を客観的に見直したいなと思う気持ちってスゴく大事だと思う。つねに自分の感覚や行動って正しい訳じゃないからね。特に不気味な程に事が上手く行ってる時こそ大事になってくるよね。...なんでこんな事書いたんだっけ?忘れたbyebye!

      テーマ:
  • 05Dec
    • YUIというシンガーソングライター

      ども、Hi-Row!!です。だいぶ前に男性アーティストで大好きというか尊敬しているJESSE(RIZE,The BONEZ)を書きました。今回は女性編でYUIについて書きたいと思います。今の名前表記はyuiなのかな?YUIをはじめて観たのはいつか覚えてないくらい前ですがデビューしたてくらいだったのかな?顔をクシャクシャにして感情丸出しでアコギを弾く姿に釘付けになりました。LIVE映像だったな。数々のコンテストで優秀な結果を残し、メジャーデビューをする際多数の有名レコード会社が争奪戦をしたことを知ったのはそのあとすぐでした。納得。彼女の代表作の「CHE.R.RY」でのTV出演の時に、曲調と表情が全く合っていない事にプロのアーティストである彼女に疑問というか怒りを覚えた事を記憶してます。いま思うとあれが彼女を一度、音楽業界から身を引かせた理由だったのかなって自分は思ってます。やりたい事と、やらされる事。これが仕事ってもんだと思いますが。でも、ただ一つ言えるのは、唯一無二の彼女の歌声。それはLIVEでも変わる事なく全てを包んでいました。まさに天才。僕の中で彼女、YUIは今もこれからも変わらずそういう存在です。双子のママになったようであまり音楽活動をしてないのかな?調べてないからわからないけど、LIVEあったら是非また足を運びたいと思います。

      1
      テーマ:
  • 04Dec
    • 嫌い

      キライって言葉がこんなに胸を突き刺されて辛いの初めてかも。これ、歌にするね。1stか、2nd!決定‼︎

      テーマ:
  • 03Dec
    • Hi-Row!!的「ROCK」の定義

      こんばんは、Hi-Row!!です。以前より書きたかった『ROCK』について記したいと思います。正直、賛否両論だと。が、あくまでHi-Row!!的に考えるROCKです。そもそも音楽、モダン音楽のジャンル分けが嫌いな俺。あのバンドはロックじゃない、ポップスだ!なんて会話よく耳にします。いや!ビジュアル系だ!...ビジュアル系って音に関係ないよねちなみにポップスが悪いなんて思ってません。ビジュアル系も嫌いじゃないと思うし。むしろ自分は音楽に偏見はほぼないです。自分が好きなジャンル以外を受け入れない人っているけど、それってスゴくださいって思ってしまう。ヘビィーな音出してテレビ出演しない、トップ10ミュージック的なCDを作ってない、産業化してない音楽をやってるものをROCKと呼ぶ人は多いと思います。そうかもしれないですね。飲み物はウィスキーストレート以外飲まない的な笑喉やられて歌えなくなるよ、実際は。本題ですROCKってLIVEでその真偽が問われると思うんですよね。演者とオーディエンス。その対峙。お互いがいかにぶっ壊れるか、それがROCK!でしょ?演者は全身全霊で己らの全てをぶち込んでくる。全てのパートがね。そして、オーディエンスは普段は出さないクレイジーな自分が演者の魂によって自然と表に出てしまう。そこだと思うんです。ノリで暴れるのは違うよ。ダイブだモッシュを慣例的にやってるなら、それはROCKじゃなくて、「暴れられる場所」に来てるだけのアホ。逮捕されちまえ。まあ、あれも文化みたいなものだから仕方ないけどお互いケガするから個人的には嫌い。だから「ダイブが少ない」盛り上がってないって煽るアーティストよ、それはやめておくれよ。話が脱線してるので元に戻り...超極端な話になるけどアコギ一本でも演者の魂と、それを受け止めたオーディエンスの気持ち次第でフォークミュージックがROCKになる事もあるのではないかと。いや、あるね。あくまでも個人の価値観だけど。やっぱりCDというパッケージ化された物では判断できないと思うな。LIVE行かないとね。だから、ROCKかPOPかなんて簡単に分けられるものでもなく。ましてや人がROCKと信じたものを否定する権利なんて他者は持ってない。否定するならLIVEに行け、行けないなら否定をするな。でもLIVEって、そんな簡単に行けるものじゃないからYouTubeとかのLIVE映像とかでも判断できるかも。格好だけの中身スカスカ偽物自称ROCKバンドをライブハウスで散々観たなぁこれが、Hi-Row!!的なROCK論でした。おやすみなさい

      テーマ:
  • 02Dec
    • 作業部屋

      誰得?ブログ。右隅のCUBEBASEってのが音源作るソフトmacじゃないのが痛いオープンボーカルブース笑最もカオスなギタースペースと、いうわけでおわり。

      テーマ:
  • 29Nov
    • 本気

      マジで行動しないと、人生大損して悔やんで死んでいくことになってしまう。もはや人任せにしてたら置いていかれる。己を少しは信じてみよう。生活水準は下げず←これ最重要!今の生活なんて一歩家を出ればクソみたいな世界で、1日が早く終わってほしいと朝起きた瞬間から思ってる。いまの生活を抜け出す施策が一つだと不安だから、あと3,4つ増やそう。

      テーマ:
    • メロイックサイン!!

      僕の名前「Hi-Row!!」の「!!」はメロイックサインを意味してつけたんです。二本指を突き上げてるイメージROCKだね。「あぁ、これデビルサインじゃないんだぁ〜」語源は知りませんがメロイックサインどうでもいいね。

      テーマ:
    • 半端者

      本職も副職も中途半端。宙ぶらりん。こりゃ、あかんね

      テーマ:
  • 24Nov
    • ボイトレ

      今日は人生で初めてのボイストレーニング、ボイトレを経験しました!で、なぜ雪?それは置いといて、腹式呼吸が難しい。自然と呼吸法ができるように日々意識!

      テーマ:
  • 20Nov
    • K

      昨日は実家に帰っておりました。道中、iPodをランダム再生して車を運転してました。そしたら懐かしいBUMP OF CHICKENのTHE LIVING DEADというまだバンプが世に知れ渡っていない時のアルバムの中の「K」という曲が流れた。懐かしい。その昔、生まれて初めて歌詞をじっくり読んで、鳥肌が1時間くらいなくならなかったあの日を思い出した。その当時、俺は曲を歌詞もメロディも一つの物として捉え音楽を聴いていた。当然のごとく歌詞カードを読んだことも歌詞の意味を考えた事もなかった。しかし、強烈すぎる歌詞というのは素通りする事なく自分の耳に残り「ん?」と違和感を覚えて歌詞カードを読んで衝撃をうけた。この曲、小説やん⁉️そう歌詞には黒猫と恋人を故郷に置いて絵描きの道を選んだ男の話だった。黒猫って忌み嫌われるものの象徴みたいなものなのに絵描きの男はその猫ばかりを書いた。きっと黒猫の絵画を完成させる事に彼なりの確信的自信と最後のチャンスを賭けたのだろう。が、しかし絵は売れず、ついには倒れ生き絶える。猫は故郷で帰りを待つ恋人の元へ主人に託された手紙を渡しにいく旅に出る....そしてタイトルの「K」の意味がわかると。聖なる夜聖なる騎士すばらしい藤原基央の頭の中ってどうなってんだろ?なんて事を思い出しながら運転を続け実家に到着。あれっ?実家の壁に少し高そうな絵が飾ってある。横を向いた、黒猫の絵画。黒猫の絵、買う人おるやん

      1
      2
      テーマ:
  • 18Nov
    • Mステ

      猫になりたい俺、Hi-Row!!です。今日Mステを最初から最後まで観ました。このテレビ嫌いな俺には珍しい事です。back numberというバンドのボーカルの人が言っていた事に興味を持ちました。女性目線の失恋ソング。すごいな、そんな歌詞書けるんだなぁ。自分も挑戦してみたいと思いました。それにしても、back numberのボーカルの人ELTのいっくんに似てる。終わり。

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ