【台北】上質な図書館 益品書店 | ブログ移転→【Place In Taipei 】

ブログ移転→【Place In Taipei 】

中国語、英語に囲まれながら海外生活のこと
読書感想、映画レビュー、旅先のこと、
海外おすすめカフェやバーなど広く浅く語っているブログです。


テーマ:
 
日頃から愛読しているブログを見て
 
年末3日間のお休みに益品書店という本屋さんへ行ってきました。
 
益品書店

 
ここは、100NT(380円)で営業時間中、店内にあるドリンクを飲みながら好きな本を手にとって読める空間です。
 
王品という台湾で小売りやチェーンレストランの経営に成功しているラオバン(社長)が開いた本屋さんです。
 
高級マンションの下に構えている広々としたお店。入り口はこんな感じ。
 
{567A222D-200D-4E0C-8FD6-7F2ABD4BAB7F}

最寄駅は、忠孝新生ですが少し歩くのでObikeで。
 
店内に入ると、受付があり100NTの支払いを済ませます。 このレシートを、入店時に見せれば、営業時間中、何度でも出たり入ったり出来ます。
 
午前中から来て、お昼を食べに行って戻って来れます。
 
奥に見えるのが、ドリンクスペース。
 
アメリカン、ブレンド、子供に嬉しいスムージーが置いてあります。
 
{E6D774BF-9361-4295-8774-66CC14959542}

私がドリンクで1番、テンションが上がったのは
 
普通に買うと1パック40NT(150円)もする4種類のお茶が置いてあったこと。飲み放題なのに!
 
{2EADFD07-8835-48C6-87BB-95D9AD7C1432}
 
烏龍茶、ジャスミン、紅茶、緑茶と全種類お茶を飲んで滞在中トイレが近かったですw
 
置いてある本は、書店といえど購入はできずその場で読む用。
 
{53DA889A-B3BC-4635-A4F6-600A8AED08A5}
 
芸術や建築、絵本や写真集など、アートな文献が多かったです。
 
ウィリアムシェイクスピアの絵本シリーズも!
 
{5B59F886-39CF-4935-8533-4E8E5D555902}
 
私は、この2冊の本を手にとって席でゆっくり読みました。
 
日本の書籍も固まっているのではなく、ポツポツと、置いてありました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界で最も美しい書店 [ 清水玲奈 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)


台北にあるVVGサムシングという書店も紹介されていて、台北でまた行ってみたい場所が増えました。
 
{0A304019-BFFD-46D1-82E7-658774B1BED5}
 
少しするとバイリオンの演奏が始まり
 
{4D8EE343-84F9-4F5F-A5CD-DB3186DCD149}
台北とは思えないほど、静かな店内に綺麗なバイオリンの音色が響いていました。
 
この日はジブリやディズニーをメインに演奏されていました。



惜しいのは、wifiと電源プラグが無いところですが

本を読むことに集中するためのお店なので、あまり問題では無いです。

参考書とノートを持って、勉強されている方はたくさんいましたが、店内は本当に静かなので

公立図書館よりも勉学に励める環境かもしれません。



幸せな休日でした照れ


 

 

 

 


ヨーロッパ移動でもたくさんお世話になったバックパッカー航空券比較サイト:

 

 

 
 
台北現地ホテル、レストランレビューなら:
台北ホテル検索:
 
 
 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村


ryoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス