台北で働く20代アラサーOLの海外生活日記。

台北で働く20代アラサーOL です。
中国語、英語に囲まれながら海外生活のこと
読書感想、映画レビュー、旅先のこと、
海外おすすめカフェやバーなど広く浅く語っているブログです。

(海外在住歴)
2012年上海
2013年ロンドン
2014〜台北(現在3年目更新中)


テーマ:

2017年38本目の映画: 傷だらけの悪魔



足立梨花さん

ヒルナンデスやサッカー応援の何とか(←)でしか見たこと無かったけれど

演技がすごく上手だったー。そして、派手な顔じゃないのだけどとっても惹きつけられる…

笑顔が可愛い…可愛い…

東京育ちの元虐めっ子が

親の転勤事情で田舎に引っ越した先の学校で

当時自分が虐めていた(直接手を下していた訳ではないが、傍観者)子に虐め返されるというお話。

現代のSNSを駆使したイジメと反撃。

私1人じゃ絶対に選ばない映画、ですが付いてたので見始めてしまい

虐められたまま終わるのでは後味悪いので最後まで観てしまいました。

勿論、虐められたままでは終わらず後半は鮮やかなまでに仕返し。小さな「弄り」から映画に出てくるような虐めまで、全部イジメだと私は思ってるんですが

これって本当に、思い返せば小学生から大学生、社会に出ても何かしら、あるといえばあることなんですよね。 

暴力や恐喝とかは私が生きてきた中で見たこと無いですが、本当に小さなこと、例えば遅れて教室に入ってきた人へのちょっとした弄り。

なんてこと無いことですが、私もされたことあるような、ないような。思い出せるような、出せないような、そんな曖昧な記憶。

なんで人は人を、いじる、虐めるのだろう?


この作品では直接自分と関わりは無くとも

見て見ぬふりをするすべての人を、イジメの加害者だと言ってます。

後味悪かったです。日本だけじゃ無く、海外でもイジメは当たり前のようにあるようです。

イジメに悩んでいる学生に言いたいのは、

今悩んでいる世界は、本当に本当に小さな環境で

分からないだろうけれど、世界には70億もの人がいて

違う見た目の人や、違う言葉を話す人、違う文化を持つ人がこんなにも多くいる。

だから、学校には行きたくなければ行かなくて良い。

そこで上手く行かないのならば、どこか違う遠いところへ行くことも出来るのだよ、と言ってあげたい。

だけど、「置かれた場所で咲きなさい」ではないが、その場所でどうやったら自分が輝けるのか、努力してみることも大切だと思ったりする。


矛盾していますが…。

今の自分の環境でいうと、台北に初めてきた3年前、言葉も分からなかったので同僚との会話にも付いて行けず、文化の違いや何もできない自分が嫌で、半年くらい毎日泣いていた。

そんな1番辛い時、10年以上子供の頃から兄弟同様に育ってきた犬が癌になり、死んでしまった。

母親は私を心配して、早く戻ってきなさいよ、とずっと言ってくれたけど

今はとてもやり甲斐があり、納得いく給与を会社から勝ち取り、嫌いだった上司がこんなにも好きでたまらなくなったことを思うと、

やっぱりあの時逃げて帰ってこなくてよかったと思う。

今はこの環境が心地よくなってきてしまっているので、ぬるま湯に浸からずもっと自分にとって厳しいことをしなければ、と思っています。

苦労したエピソードを何年も、話す成功者が嫌いだし、いつまでも向上心を持って、黙って勉強を続ける人になりたいですねェ。

私には、無理か笑い泣き (笑)

マイペースにいきます。




映画、ドラマ、漫画が31日間無料のU-NEXT☞




月額料金500円、docomoポイントも貯まる動画サイト「dTV」☞


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

rikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。