台北で働く20代アラサーOLの海外生活日記。

台北で働く20代アラサーOL です。
中国語、英語に囲まれながら海外生活のこと
読書感想、映画レビュー、旅先のこと、
海外おすすめカフェやバーなど広く浅く語っているブログです。

(海外在住歴)
2012年上海
2013年ロンドン
2014〜台北(現在3年目更新中)


テーマ:

住んでいるマンションの真下にあるカフェ、

値段は台北のカフェばりに高いけれど味はそこそこなのであまり来ていなかったのですが

何処かへ出かけるのが面倒、だけど家に何もないっていう時に利用してます。

昨日はたまたま人が誰もいなかった。ラッキー。
{6031143F-5A44-4421-923D-33C3008B4539}

それにしても潰れないか心配です(笑)

{8B390457-4F4E-47E5-9D05-C0AC1608710F}

ブログには全然、書けていなかったのですが最近もよく映画を観ています。

2017年34本目は、「恋妻家宮本」



大学生の頃、出来ちゃった結婚でなんとなく結婚し子供が大学を卒業し結婚して家を出て行くまで

穏やかに、生活してきた夫婦。

息子が結婚し、夫婦2人の生活が始まってから

夫婦とは何か、これからどうやって一緒に生きて行くのか、夫婦がお互いに、考えながらすれ違いながら

思いやることを、この歳になって勉強し夫婦手を取り合って成長していくお話。

何十年も一緒にいても、言葉にしないとわからないことってたくさんあるんだなあと。

1人で老いていくよりも、他人だけれど誰かと一緒に人生を共にするほうが、ストレス溜まることはあるけれど良いなあと想えた映画でした。


2017年35本目は、「海よりもまだ深く」



この映画、キャストが最高に素晴らしい。

阿部寛演じる中途半端な小説家(15年前になの知らない賞を受賞後、一度も作品をかけていない小説家。ペンだけで食べていけないので怪しい探偵事務所で働いている)のダメさ加減も腹が立つほどうまいし

それに翻して、元妻役の真木よう子がありえないほど美しい。初めて真木よう子を本当に綺麗な人だと思った。

というかあまり、真木よう子の出ている作品を観たことがなかったのだけど、あまり印象に残っている女優さんではなかったので、この映画を観てナチュラルな美しさに衝撃を受けました。

長年ダメ夫を経済的にも、支えてきた女性としての強さ、離婚しても尚、元夫を完全には見捨てられない優しさ、

元夫の家族に対して完璧な振る舞いをする賢さ

とにかくこの映画では真木よう子が綺麗だった。

とても好きになりました。セシルの目論見も観たくなったなァ。

それから、ダメな阿部寛をダメな息子だと心の中では思いつつもやはり息子が可愛くて仕方ない母親役を演じた樹木希林。

前に「あん」を観たときも思ったけれど本当に、なんて凄い女優さんなんだろう。

どの役も、本当にその人にしか見えない。ああ、おばあちゃん…と観ているだけで涙が出てきてしまう。話し方も、仕草も、自分の田舎のおばあちゃんを思い出して胸が苦しくなります。

阿部寛は演技がうま過ぎて、ダメな男にしか見えなかったので、1つ前に観た宮本とは全く別の人物に見えて、ひたすらイライラ(笑)

本当に普通の男の子を演じている息子役の俳優さんも良かったです。

ここ最近の、邦画で自分的に1番ヒットでした。

この数日でまた3本邦画を観たので

文章を考え、書く練習としてブログにまた感想を書きたいとおもいます。


映画、ドラマ、漫画が31日間無料のU-NEXT☞



月額料金500円、docomoポイントも貯まる動画サイト「dTV」☞

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

rikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。