美味しい晩酌の為にお酒と料理の研究をしております。利酒師みーです。


楽しく働くための接客についていつも、体験していることに合わせて日本酒の紹介をしたいと思います。


私が心がけていることは飲食店で働く方以外にも参考になることがあると思ってます。興味がある方は是非是非!!

  ぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワー

いつもお店にたくさんのお客さんがやって来ますが、お客さんから愛されるお店ってお客さん、一人一人と向き合える店員さんがいることだと思っています。

今日はお客さんとの距離を近づける会話や接し方の1つについてお話したいと思います。


お客さんの好きな食べ物、嫌いな食べ物は覚えておく。

特に常連さんだと必須です。


お通しやメインの付け合わせなど、お箸が進んでいない食べ物などがあれば、それには必ず注目しておかなければなりません。


いつも同じものを残している場合は食べられないと認識し、なるべく違うもので代用したり出来るような体制にしておくとお客さんも喜んでくれます。

おきゃくさんに聞けるような雰囲気だったら、

○○嫌いなんですかー???とか聞いてみます。

お客さんと会話することで記憶に残るからです。やはりお客さんの情報はチリも積もれば山となるで、一つ一つ覚えていても、忙しいと忘れてしまったり、久しぶりだと、忘れてしまいます。

できるだけ記憶に残る覚え方ができるように心掛けてます。そして覚えた情報はメモにして、残しておく!!


久しぶりに来店したときにちゃんと覚えててあげるとかなり喜ばれますし、また、お店に足が向いてくれるきっかけとなったりしますよ。

また、メニューに載っていないもの等のお勧め等でそのお客さんが好きなものがあれば、


今日は○○あります!!メニューに乗せてないのでぜひ、これを好きな人に食べてもらいたいんです!!とか、言ってみるとお客さんもうれしいですよね。

反対に嫌いなものでもそうですよね。
付け合わせや薬味など抜いても提供できるお料理は最初からつけない。


わさびドレッシングとか、辛いものの味付けのものはソースを別に添えるとか、すごく細かいですが、細かい作業ほど、気を付けてあげる事って喜ばれると思いますよ!!







さてさて、今日はみーが好きなお酒として売り出しているこのお酒。

お客さんにもこのお酒のファンがちらほら出てきました!!


東京
喜正      生貯造酒
純米。


なまちょぞうしゅ。って、滑舌が悪いと言えないんです。言えなさすぎておきゃくさんにいじられます(笑)

酒米     美山錦
精米歩合    60%
日本酒度     +2
酸度              1.5




美山錦について。

もともとは長野県でよく栽培される「たかね錦」と言う酒造好適米だったそうです。このお米は寒冷地での栽培が可能で昭和40年代にはよく酒造りに使われるお米だった。

しかし、このたかね錦は倒れやすい稲のため栽培が難しく、尚且つ、小粒で心白が小さいと言う点もあり、放射線処理で改良されたものが、美山錦です。


たかね錦と同じように寒い地域でも栽培がしやすいので、今では北関東や東北で多く栽培されている。山田錦、五百万石につぐ、酒米として使われることがおおくなった。

また、大粒で心白が大きく育つようにも改良された。

美山錦は滑らかでさっぱりとキレのいいお酒ができるお米とされています。




【どんな酒蔵?】
野崎酒造

【香り】
生貯からなのか控えめで弱いのですが、青々としたフレッシュなイメージです。


【味わい】
喜正らしく、派手さはなく、落ち着きのあるお米の味わい。僅かにフレッシュさがあり、スッキリとした口当たり。


【お料理との相性】



オクラの酢味噌和え
水菜のおひたし
〆鯖の炙り
豚キャベツ炒め(塩胡椒味)

お酒が優しい味わいなので、どんなお料理にも合わせやすいお酒です。お刺身は白身や赤身、青魚等選ばずに美味しいです。


なので、〆鯖も美味しく食べられました。お料理の邪魔はないけど、お酒の味が無くなってしまった感じだったので、もう少し強い味わいのお酒だともっと美味しいです。


おひたしや酢味噌あえは素材の味が優しいのでおさけにぴったりですよ。

炒め物は塩胡椒だからこそこのお酒に合います。シンプルな味付のお料理との相性がとてもよくて、お酒の旨さがひきたちますよー。

華やかさはないけど、でも、どんなお料理にも会う地味だけど、美味しいお酒がみーは好きです。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
↑↑
よろしくお願いします!