美味しい晩酌の為にお酒と料理の研究をしております。利酒師みーです。


楽しく働くための接客についていつも、体験していることに合わせて日本酒の紹介をしたいと思います。


私が心がけていることは飲食店で働く方以外にも参考になることがあると思ってます。興味がある方は是非是非!!

 カクテル生ビール白ワインカクテル日本酒生ビール赤ワイン白ワインロックグラス カクテル日本酒生ビール白ワイン

今の接客や仕事のスキルは色々な方に出会って、たくさんの先輩方に教えてもらったことを自分の物にしてきた結果だと思っています。


バーテンダーをしていたことがある人と働いたことがあります。


その方に作ってもらった、ブドウサワー。


私が作ったものとは全然違う味がしました。すごく美味しかったのです。


何でこんなに違うんですか???



と、聞いたところ、少しの手間の違いでした。



このつくり方で作ったハイボールはお客さんからも、

このハイボール本当に角ハイなの??
すごい旨いよ!!

ここのハイボールは美味しい!!

と、言ってくれるお客さんも結構います。


ハイボール、サワーなど、誰でも手軽に飲めるものってあまり味の違いとか気にしてない人が多いので、分かってもらえると嬉しいです。


  美味しいハイボールのつくり方!!

①グラスを冷蔵庫で冷やす。(ビールグラス同様、凍っていると味覚が麻痺してしまうので冷凍庫よりも、冷蔵庫が好ましい!!)


②ハイボールのグラスにたっぷり氷を入れる。氷はグラスに入るだけできるだけ多く入れる。


③ウイスキーはシングル、ダブル共にちゃんと図って入れる。

ウイスキーと氷がグラスに入った時点で一度しっかり混ぜる。(ウイスキーをしっかり冷やす!!)
このひと手間だけで味が全然ちがう!!ウイスキーがしっかりと冷えた状態で炭酸水を入れることで氷も溶けにくくなりますよ。


⑤ウイスキーが冷えたら冷やした炭酸水を入れる。

⑥優しく混ぜる。

お店ではウイスキーは「角」を使っているのでほとんどハイボールしか出ないため、常に冷蔵庫で冷やしています。


こうすることで炭酸もしっかりとシュワシュワして飲みやすい喉ごしのよいハイボールが出来るので、飲みやすくてついつい飲みすぎちゃった。って言われることもあります。


ちょっとの意識でお客さんのもう一杯が増えたらお店の売り上げにも影響しますよ!


逆にウイスキーも炭酸水もあまり冷えていない状態で作ったハイボールはウイスキーの味が濃く感じて、炭酸のガス感もあまり感じなくなってしまい、飲みにくいハイボールとなってしまいます。


是非、試してみてくださいね!!


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

↑↑
今日もポチっとお願いします!